インスタのフォロワー数が260万人をえる人気NO.1ランキング調べ)である「柴犬まる」が、CCCグループのカルチュア・エンタインメント株式会社が仕掛ける、好きが集い、情報交換できる出会いや体験を提供する、生活提案ファンコミュニティ「いぬフレ!×Tファン」の受付開始を記念し、「まる像」の除幕式を行うと共に、設置したSHIBUYA TSUTAYAで1日店長を務めました。

本日2月14日から受付開始となる、「いぬフレ!×Tファン」は代表として、「柴犬まる」をアンバサダーに迎え、「柴犬まる」と一緒にと人との豊かな生活を応援していきます。「いぬフレ!×Tファン」受付開始を記念して「柴犬まる」フェアを開催するSHIBUYA TSUTAYAへは、から「まる」ファンが詰めかけ、大いに盛り上がりました。


柴犬まる除幕式■
イベントには、から並んだ「まる」ファンが集い、会場を賑わせた。柴犬まる像設置の除幕式と題し、飼い小野二郎さん、SHIBUYA TSUTAYA清水店長と共に登壇。まるがステージの台座に乗り、掛けと共に像が除幕されると、客席から歓が上がった。
昨年のクリスマスに撮影したとされる等身大の像に、小野さんは「思った以上に似ている。璧に同じ大きさで、その時のポーズそのまま」と絶賛。また清水店長は「渋谷と言えば、ハチ公今日からは、このまるの像が新しいスポットになる。間違いなくハチ公に勝った」と期待を寄せた。


■いぬフレ!×Tファントークセッション
と人との豊かな生活を応援するファンコミュニティー「いぬフレ!×Tファン」の発起人でもあり、プロジェクトリーダーのカルチュア・エンタインメント株式会社 後藤渉さんが登壇。自身も同じく柴犬を飼うで、まるや小野さんとの出会いをった。
「6年前に人生初のを飼い始め、それまでの生活が一変。と過ごす充実した毎日やこの気持ちを世に伝えて行きたいと考えるようになった。そんな時にインスタでまるに出会い、小野さんと知り合うきっかけになった。このプロジェクトを通して、多くの人にと人との生活の提案をしていけたら」。小野さんは「今まで自分個人で発信していたものが、TSUTAYAという大きなを借りることができた。興味を持っていない人、これからを飼いたい人、そしてする人たちへまるを通しての魅を伝えていきたい」とった。

質疑応答タイム
会場には全各地から、まるファンが訪れた。質疑応答タイムでは、京都から来たという女性を始め、多くのファンから質問があがった。

Q:「いぬフレ!×Tファン」では、まると触れ合えるイベントをやるのですか?

小野さん:
しつけ教室とか、がいる生活を疑似体験してもらえるようなイベントをやっていきたい。全TSUTAYAさんがいっぱいあるので、東京だけではなく地方の方々にも知ってもらえる活動をしていきたいと思っている。

Q:さっきはじめてまるちゃん岐阜出身と知ったのですが、小野さんとまるちゃんの出会いは?

小野さん:
岐阜県で買ったのではなく、ペットショップで飼った際「岐阜出身」と書いてあった。実は、血統書がないので、すごい安かった。まるを買う前は、仕事毎日遅い生活。土日は1週間の食料品を買いにいくという典的な共働きなスタイルだった。いつも行くショッピング・モールに入っているペットショップで、ある日すごい“デカイ柴犬がいた。それが「まる」だった。聞くと、生後2ヶというのに、他のとは格段に違う大きさ。その後も、お店を通り過ぎる度に、まるだけ売れ残っていた。あるクリスマスイブの日、もしまだ売れ残っていたら連れて帰ろうと決心し、お店に行くとやはり売れ残っており、さらに「クリスマスセール」と半額に値引きされていた。それが10年くらい前の出来事です。
とにかく大きくて、10kgくらいになると言われていたが、半年で15kgになり、今は18kg。
地方に行くとよくお年寄りの方から「昔の柴犬はこんな大きさだった」と言われる。オリジナルに近い柴犬なのかもしれない。

Q:今後のまるの活動は?

後藤さん:
ポップアップのお店やイベントを開催する予定。
「いぬフレ!×Tファン」のホームページで告知しているが、4月都内某所イベントを開催予定。

Q:うちのは、食べている時や寝ている時にすぐ噛むことがあります。それがトラウマとなっているのですが、まるはそういうことはありますか?性格なのでしょうか?

小野さん:
小さな頃は、まるも噛み癖があった。私の手が血だらけになったこともあった。とにかくいろんな人に触ってもらうように働きかけた。私もを飼ったことがなかったので、トレーナーを呼ぼうか考えたこともあった。その時知り合ったオーストラリアトレーナーの人に「とにかく人に触れられる事に慣れさせなさい」とアドバイスをもらった。海外では「は飼う資格がある人が飼うべき」という考えがある。トレーナーの友人が住んでいたオーストラリアでは、“が人に当たったら”すぐに殺処分されるという決まりがある。友人もそれでを殺処分されたという過去があった。そういう出会いもあり、まるには「人間が仲間である」ということを常々伝えてきた。私は寝ているときも食べる時もいつでも触っている。
私が住んでいる文京区では、公園に入ってはいけないというルールがあり、そういうことも今後考えていきたい。

Q:まるちゃん、色々食べますが、一番好きなものはなんですか?

小野さん:
一番好きなのは(生)!鹿とかをあげることもある。

最後に一言
後藤さん:
今日はご来場いただきありがとうございました。色々な人に話していただき、輪が広がっていければと思っている。

小野さん:
いぬフレ!×Tファンに入りカードを持つということだけではなく、その先にある「」や「動物」に優しい社会になる活動をしていきたい。

■1日店長
プロジェクトアンバサダー就任記念として2月14日)から3月21日)まで、「柴犬まる」フェアをSHIBUYA TSUTAYA地下2階で開催する。「柴犬まる」フェアにより、「柴犬まる像」を設置し、柴犬まるのオリジナルグッズが集まった特設売り場が誕生した。フェア開始初日でもあるイベント同日の開店は、まるが店長となりお客様を出迎えた。ファンたちは、台座に座ったまるの記念撮影の後、売り場へと進んだ。本フェア限定商品として、まるクッキーマシュマロチョコ入りコインケースなどが販売される。

【「いぬフレ!×Tファン」 有料サービス利用登録者限定特典情報

1)Tカード柴犬まるデザイン)をお渡し
2)「柴犬まる」限定商品の販売

第1弾デニムトートバック、第2弾としてカバーが登場
3)「柴犬まる」特別写真館閲覧
「いぬフレ!×Tファン公式サイト内で、ここでしか見られない写真を随時更新開予定。
4)限定のワークショップイベント開催
「いぬフレ!×Tファン」「柴犬まる」ポップアップショップの詳細情報はこちらを御覧ください。
「いぬフレ!×Tファン公式サイトhttp://tfan.jp/dog/
柴犬まる」ポップアップショップhttps://fan.tsite.jp/special/shibuyatfansite

配信元企業株式会社TSUTAYA

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ