YKK AP 窓研究所は、窓学10周年を記念したエキシビション「窓学展―窓から見える世界―」の巡回展を2018年2月28日(水)から3月27日(火)まで東北大学宮城県仙台市)にて開催します。


YKK AP株式会社 窓研究所(所長:山本 絹子)は、窓学10周年を記念したエキシビション「窓学展―窓から見える世界―」の巡回展を2018年2月28日(水)から3月27日(火)まで東北大学宮城県仙台市)にて開催します。

YKK APは、「窓は文明であり、文化である」の思想のもと、2007年から窓を学問として多角的に研究する活動「窓学」を研究者・建築家とともに実施し、建築、文化、アートなど様々な切り口から窓にアプローチしてきました。現在まで建築家の原広司氏、千葉学氏など55名以上の専門家と共に50以上のテーマで研究が行なわれ、それら10年の成果に焦点をあて「窓学展―窓から見える世界―」を全国で展開しています。約15,000人が来場した東京開催(2017年9月28日10月9日)の後、全国5箇所の大学ギャラリー(金沢工業大学、東北大学名古屋工業大学大阪市立大学九州大学)への巡回を進めておりますが、東北大学での開催は、金沢工業大学に続く第二弾となります。

会期中の3月5日(月)には、窓学トークイベントも開催します。『WindowScape』シリーズでも知られる東京工業大学大学院教授・塚本由晴氏(アトリエ・ワン)と窓学総合監修を務める東北大学教授・五十嵐太郎氏の研究室にて窓学研究に参加した東北学院大学教授・櫻井一弥氏 (SOYsource建築設計事務所)、東北大学大学院助教・土岐文乃氏も登壇します。

本展と同時期には、全国の建築学生が集う「せんだいデザインリーグ卒業設計日本一決定戦」が同じ仙台(せんだいメディアテーク)にて開催されることもあり、建築と窓の魅力を堪能していただける機会になりそうです。

トークイベントのみどころ
塚本由晴教授、五十嵐太郎教授の両研究室は、2007年の窓学開始当初より研究に参加。塚本研究室では、「窓のふるまい学」「窓の仕事学」など、窓まわりの人間や自然、建築のふるまいに注目し、世界各地の住宅、伝統産業の工房、街並などの調査を行っています。一方、五十嵐研究室でも、歴史を軸に絵画や漫画、映画など表象の世界に現れる窓を研究しており、両研究室の豊富な研究の蓄積に基づき、古来より人間と「窓」はどのように付き合ってきたかについて議論します。


窓学10周年記念エキシビション「窓学展-窓から見える世界-」巡回展
開催概要

<日時>2018年2月28日(水)~3月27日(火) 10:00-17:00
<会場>東北大学 青葉山東キャンパス 人間・環境系教育研究棟1階 トンチクギャラリー
宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉6-6)
<入場料>無料、一般入場可
<展示ディレクター
五十嵐太郎(東北大学教授/建築史・建築批評家/「窓学」総合監修)
<展示協力>東北大学 五十嵐太郎研究室
<什器デザイン>西澤徹夫(建築家
<展示グラフィック>岡本健(グラフィックデザイナー
WEBデザイン>大輪英樹(PULP代表)
<主催>YKK AP株式会社 窓研究所
<共催>東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻
<特設ウェブ
http://madogaku.madoken.jp/exhibition/

展示内容
YKK AP窓研究所が大学および研究機関の計8名の研究者と共に10年間取り組んだ「窓学」の研究成果を展示
  • ž 「窓の漫画学」五十嵐太郎(東北大学
  • ž 「窓の環境制御学」小玉祐一郎(神戸芸術工科大学・エステック計画研究所)
  • ž 「窓の民族学」佐藤浩司(国立民族学博物館
  • ž 「窓の仕事学」塚本由晴(東京工業大学
  • ž 「窓の記録学」中谷礼仁(早稲田大学
  • ž 「窓のものがたり学」原広司(原広司+アトリエファイ建築研究所)
  • ž 「窓の進化系統学」村松伸+六角美瑠(東京大学

窓学トークイベント
WindowScape」シリーズの塚本由晴氏による「窓のふるまい」の10年を振り返る
<日時>2018年3月5日(月)19:00-(開場18:30-)
<会場>東北大学 青葉山東キャンパス 人間・環境系教育研究棟1階 土木大講義室
<入場料>無料、予約不要、一般入場可
<登壇者>
塚本由晴(東京工業大学大学院教授/アトリエ・ワン)
櫻井一弥(東北学院大学教授/SOYsource建築設計事務所
<モデレーター>
土岐文乃(東北大学大学院助教)

<お客様からのお問い合わせ先>
YKK AP株式会社 お客様相談室
一般のお客様    TEL:0120-20-4134
建築・設計関係者様 TEL:0120-72-4134
http://www.ykkap.co.jp

配信元企業:YKK AP株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ