君の膵臓をたべたい』などで若者から絶大な支持を得ている小説家、住野よる。その住野よるの約1年ぶりとなる最新小説『青くて痛くて脆い』が3月2日株式会社KADOKAWAより発売されます。発売日に向け、カバーイラストなど続々と情報が出ているなか、本日も、対象書店限定で本作購入者へのかけ替えブックカバープレゼントについて情報が解禁されました。詳細は『青くて痛くて脆い』の公式サイトをご覧ください。→ https://promo.kadokawa.co.jp/kutekute/
今後も随時情報を公式サイトや公式ツイッター(@kutekute0302)‏で更新していきます。
青春の煌めきと残酷さを痛烈に描ききった、著者渾身の新境地『青くて痛くて脆い』にぜひご注目ください!

【『青くて痛くて脆い』あらすじ
人に不用意に近づきすぎないことを信条にしていた大学一年の春、僕は秋好寿乃に出会った。空気の読めない発言を連発し、周囲から浮いていて、けれど誰よりも純粋だった彼女。秋好の理想と情熱に感化され、僕たちは二人で「モアイ」という秘密結社を結成した。それから3年。あのとき将来の夢を語り合った秋好はもういない。僕の心には、彼女がついた嘘が棘のように刺さっていた。
「僕が、秋好が残した嘘を、本当に変える」それは僕にとって、世間への叛逆を意味していた――。

【『青くて痛くて脆い』書誌情報】
発売日:2018年3月2日(金)
電子書籍:同日発売予定
定価:本体1,400円+税
装画:ふすい
装丁:bookwall
頁数:312
体裁:四六判セミハード
発行:株式会社KADOKAWA

【著者プロフィール
住野よる(すみの・よる)

高校時代より執筆活動を開始。2015年、「小説家になろう」に掲載していた『君の膵臓をたべたい』でデビュー。同作で2016年本屋大賞」第2位、Yahoo!検索大賞2016“小説部門賞”など、数多くの賞を受賞した。その後、『また、同じ夢を見ていた』、『よるのばけもの』、『か「」く「」し「」ご「」と「』を発表し、いずれもベストセラーとなる。

配信元企業:株式会社KADOKAWA

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ