2018年2月13日(火)BaseLayer株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役雄太、以下BaseLayer)にて開催されたMatchpool社のミートアップは、世界2060代の幅広い参加者で満員となり、「イーサリアムを採用することで、どんな問題解決ができるのか」や「イーサリアムが抱える課題に対して、どのようにMatchpoolが挑むのか」など、Matchpool社の技術自体がどのように世界を変えうるのかという未来焦点が向けられた期待感溢れる会となりました。


■イーサリアムを活用したMatchpoolが創造する未来
「人と人をつなぐプラットフォーム」と「デジタル資産が創造する新たな世界

 Matchpool社で開発したプラットフォームは2つあります。プレゼンターはMatchpool創設者のヨナタン・ベンシモン氏。


(1)人と人をつなぐプラットフォーム『Matchpool

ヨナタン・ベン・シモン氏

 1つは、似たような価値観や方向性を持つ、イーサリアムを活用した”人と人をつなぐプラットフォーム”『Matchpool』です。メンバープールと呼ばれるコミュニティを作ることができ、そこにさまざまな人々がやって来ます。Matchpoolネットビジネスのみならず、現実世界のあらゆるビジネス活用できます。

 例えば、スタートアップ企業を立ち上げる時、Matchpoolを使えば同じ志を持つメンバーを簡単に集められます。取引先も見つかり、スムーズに事業が進むでしょう。また、医療分野では、医療のプロとつながり、適切な診断や治療のアドバイスを受けられる可性があるのです。さらに、似たような価値観や方向性を持つコミュニティの人々は、そこから友人や人の関係に発展してもおかしくありません。“人と人をつなぐプラットフォーム”はあらゆる業界で必要とされている大きなマーケットです。『Matchpool』はそれらすべての市場活用できる壮大なプロジェクトです。

(2)クラウドファンディングのためのプラットフォーム『Fund0X
 もう一つは、間もリリースされる暗号通貨版のキックスターターとなる『Fund0xファンド・オーエックス)』。このプラットフォーム上では、もが自分自身でデジタルセット(価値を電子化したもの=デジタル資産)を作成し、自由に取引することで、物を作り世に送り出したい人と、この世にまだなかった新しい物を買いたい人をつなぐことができます。

 昨今のITの発展により、生活は足に便利になる一方、今後仕事機械に奪われていくことは避けられません。しかし、このプラットフォームを使うことで、新しい価値を生み出せるようになります。人間が機械よりも優れていることは「アート」を生み出すこと。このアートをデジタルセットに変え、その価値を周囲の人に伝えることで、そこに共鳴した人が、価値(値段)として実際に売買します。それが収入になれば、生活に困ることはなく、少しでもいい世の中に近づくことができるのではと期待しています。このプラットフォームは特定の業界に縛られることがなく、適用範囲は限大です。今後、どの業界で、どんな分野で応用されていくのか、楽しみなプロジェクトです。

■イーサリアムが築く世界への高い期待~参加者の
「これまでいくつかのミートアップに参加してきた。でも、その全てで『これに投資することでかりますか?』という質問が飛び交っていた。ここは、そんなことがない。ここに参加する人たちは、ほかの人と違うところを見ている。質の高いディスカッションがなされる場で、ここに来てよかった。また来たい。」といった、いわゆる”投資的”だけに騒がれている巷の仮想通貨のミートアップとは全く別次元だという意見が多く聞かれました。参加者は、イーサリアムについての見識のある方が多く、レベルの高い質疑応答が繰り広げられていたことに、満足度の高いミートアップになったようでした。

イーサリアムへの期待_Matchpool社ミートアップ

■BaseLayer 社とは

BaseLayer

 BaseLayerは、「世界で最も信頼される、暗号通貨情報機関になること」をしています。BaseLayerは今後もミートアップを通じて、イーサリアムの認知をします。 ※次回ミートアップについては別途告知




■会社概要
会社名 : BaseLayer株式会社
所在地 : 渋谷区千駄ヶ3-14-5 第16スカイビル4階
代表者 : 代表取締役 雄太
事業内容: イーサリアム・プロジェクト日本国内でのPR/マーケティング事業、メディア/コミュニティ事業
  アセットネジメントアドバイザリー事業
TEL:03-5775-0013
MAILinfo@baselayer.asia
URL : http://www.baselayer.asia/

配信元企業BaseLayer株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ