株式会社JTB西日本(本社:大阪市中央区、代表取締役社長山清秀)は、日本の「食」「農」と「観光」、そして「文化」を結びつけ、内外に“本物の日本の魅”を伝えることにより、交流人口の拡大と豊かな地域づくりに貢献することを的に、食・農×観光ブランド事業『J’s Agri(ジェイズアグリ)』に取り組んでいます。
この度、越ECサイト『J’s Agri』で販売する食農産品を訪日外国人旅行者が食し、購入していただくためのきっかけづくりとして、京都いちごを味わえる体験企画を、東アジアを中心とした訪日外国人旅行者が増加する春節2月16日)の休み期間(2月15日21日)にあわせて開始します。
1つ企画として、2月13日(火)から3月31日(土)までの期間限定で、京都市烏丸バル横丁」内にあるeditor’s fav『るるぶキッチンKYOTO』にて、『J’s Agri』が取り扱う京都府八幡産「旬の 」をそのまま味わえるメニューを展開します。「旬の 」は、最も甘みが増す深夜2時頃に収穫しており、粒が大きいのが特徴です。

京都府八幡市産「旬の苺 京の雫」(イメージ)
editor’s fav『るるぶキッチンKYOTO』は、旅行関連情報の出版・販売、Web関連事業を手がける株式会社JTBパブリシング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長今井敏行)が運営し、旅行情報誌『るるぶ』の編集者が全各地をして見つけた、とっておきの食材・お料理提供するご当地連動バルです。各地から取り寄せた食材を使ったレギュラーメニューの他に、期間ごとに特集地域を定め、その土地の旬の食材を活かしたオリジナルメニュー提供するとともに、店内ではメニューブック、特設棚、映像などを活用して地域食材や観光プロモーションを同時に展開しています。
いちご狩り体験(イメージ)
2つ企画として、2月15日(木)から5月15日(火)までの期間限定で、「旬の 」を生産する京都府八幡渋谷農園でのいちご狩り体験と、最寄りの京阪電鉄八幡市駅から農園までの往復送迎をセットした旅行商品『京都いちごシャトル』を、JTB西日本運営する訪日外国人旅行者専用観光案内所「関西ツーリストインフォメーションセンター」(4店舗)等で、2月13日(火)から販売開始します。『京都いちごシャトル』は、2017年3月から5月にかけて初めて販売し、約200名の訪日外国人旅行者がいちご狩りを体験しました。

また、editor’s fav『るるぶキッチンKYOTO』や『京都いちごシャトル』で「旬の 」を味わったお客様には、農園から新鮮ないちご航空貨物便でご自宅までお届けする越ECサイト『J’s Agri』をおすすめすることにより、帰後の購入につなげます(2018年2月現在香港シンガポールマレーシアへの輸出限定)。

JTB西日本は、今後も、日本の食農産品の輸出拡大とそれら生産地への訪日観光セットとなった事業モデル『J’s Agri』を展開し、日本の食農産品のファン拡大をすとともに、日本の地域における人とモノの交流促進を図ってまいります。

◆『るるぶキッチンKYOTO』でのいちごメニュー概要
期間:2018年2月13日(火)~3月31日(土)予定
店舗:editor’s fav『るるぶキッチンKYOTO』
京都市三条烏丸東入忠町20-1烏丸バル横丁内
アクセス地下鉄烏丸御池徒歩3分  http://baryokocho.jp/karasuma/rurubukitchen.html
営業日時(2月3月):火~金曜17時~24時、土・日曜12時~24時
メニュー京都府八幡産「旬の 333円(税別)(提供数には限りがあります)

◆『京都いちごシャトル』商品概要
設定日時:2018年2月15日(木)~5月15日(火)予定
1日2便(午前便10:00~11:30、午後便14:00~15:30
ツアー
人数 2名    3名    4名     5名
大人   5,600円  4,800円  4,300円  4,000円
小人   5,400円  4,500円  4,300円  4,000円
※おひとりあたり、往復送迎&いちご狩り体験、税込
※小人料は4歳以上小学生まで、大人同伴の4歳未満の幼児は無料
※5名様以上の申込は、シャトル1台あたりの乗人数での料となります。
販売箇所:関西ツーリストインフォメーションセンター関西空港第1・2ターミナル、大丸心斎橋京都)ほか
http://www.tourist-information-center.jp/kansai/ja/
旅行企画・実施:2018年3月31日まで:JTBサン&サン西日本2018年4月1日以降:JTガイアレック
ホームページ英語   http://js-agri.jp/en/sightseeing/tour01/
        繁体字  http://js-agri.jp/cn/sightseeing/tour01/
越境ECサイト「J’s Agri」(イメージ)
◆『J’s Agri』越EC概要
販売サイト英語 https://js-agri.jp/en  繁体字 https://js-agri.jp/zh-tw
取扱商品:日本の農産物・食品(特に、鮮度訴の高い果物等)
販売地域:香港シンガポールマレーシア
コマース販売者/輸出者:
2018年3月31日まで:JTB西日本2018年4月1日以降:JTB

◆『J’s Agri』に関するお問合せ先
JTB西日本 食農海外販路支援室(J’s Agri事務局) TEL:06-7669-8550 (09:301730  土日祝休)

editor’s fav『るるぶキッチンKYOTO』に関するお問合せ先
JTBパブリシング マーケティング本部 TEL:03-6888-7806

配信元企業株式会社ジェイティービー

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ