2月12日平昌五輪入りした羽生結弦選手の練習開され、ケガからの復調具合を知るべく、多くのメディアが詰めかけた。

 羽生選手は綿密にスケーティングを繰り返し、演技の流れを確認するような動きをしてから、後半にジャンプ練習を開始。1回転のジャンプを試したのち、最後にトリプルアクセルを決めた時には取材からどよめきが起きたという。

「最後に1本だけトリプルアクセルを跳んだところが、なかなかの作戦だなと見受けました。いくらよくなったとはいえ、ジャンプ練習は足への負担が大きいですから、1回転で正しいフォームとジャンプタイミングを思い出させることをメイン練習したのでしょう。1月に氷上練習スタートさせた羽生選手ですから、ジャンプの回転数を少しずつ増やし、やっと3回転、4回転ジャンプ練習ができるようになったくらいかもしれません。それでも得意のトリプルアクセルを跳んでみせれば、メディアはもちろん、ライバルの選手にも、復活のイメージを強く与えられますからね」(スポーツライター

 なるほどくも心理戦が始まっているというわけだ。1本のトリプルアクセルメディアはすっかり復調一色。さらにはライバルたちにもプレッシャーを与えることに。これもすべては知将・オーサーコーチ作戦どおりなのかもしれない。

(芝子)

アサジョ