通算3大会13試合で悲願の1勝、コリアの大応援はねのけた

 平昌五輪は14日、アイスホッケー女子1次リーグB組最終戦日本韓国北朝鮮合同チームコリア」と対戦。4-1で快勝し、13戦歴史的初勝利を挙げた。

スマイルジャパン」が、コリアの大応援をはねのけた。第1ピリオド。開始2分で床留可のパスに久保英恵ゴール前で合わせて先制ゴール。同4分にはパワープレーチャンスから、シュートのこぼれ球を小野粧子が押し込み、いきなり2点を先制した。

 第2ピリオド10分には相手に1点を返され、コリアに3戦にして初得点を献上。相手選手は歓喜の輪を作って熱狂し、北朝鮮美女応援団も沸いた。しかし、第3ピリオドには小池詩織などが追加点を奪って逃げ切り、“13度の正直”を成就させた。

 過去2大会は12戦勝ちなしに終わっていた日本。今大会もスウェーデンスイスに連敗し、準々決勝進出を逃していたが、海外からも注を集めた「日本コリア」の一戦、通算3大会13試合で悲願の1勝をつかみ取った。(THE ANSWER編集部)

日本がコリアに4-1で勝利【写真:Getty Images】