今季ATPツアー初参戦で1勝…海外メディアも称賛「おかえり、ケイ」

 テニスの世界ランク27位・錦織圭日清食品)は13日(日本時間14日)、ニューヨークオープンで今季ATPツアー初参戦。1回戦の同232位ノア・ルビン(米国)に7−5、6−3で初戦突破した。海外メディアは「おかえり、ケイ」と日本のエースを称賛し、敗れたルビンも「僕も多くを学んだよ」と脱帽している。

「エア・ケイ」が完全復活へ、大きな一歩を踏みしめた。第1セットで0−3といきなりリードを許したが、時間を追うごとにリズムを取り戻し、逆襲に打って出た。終わってみれば、1時間34分で地元出身の21歳の新鋭を撃破した。

 ATP公式サイトは「右手首の故障からの復活が続くニシコリは(ルビンの)パーティを台無しにした。28歳は堅実なテニスを見せ、8月9日以来となるトップレベルの初戦で逆転勝利した」とレポートしている。

 記事によると、錦織自身は「彼の立ち上がりはすごく良くて、アグレッシブだった。サーブも良かった。第1セットは僕よりも少しいいプレーをしていたと思う。第2セットはもっといいプレーができた。もう少しアグレッシブにね」と語ったという。

 復帰初戦となった下部大会のニューポート・ビーチは初戦で敗れたが、続くRBCテニスチャンピオンシップ・オブ・ダラスでは優勝。今大会が満を持してツアー復帰戦だ。

敗れた地元出身ルビン「ケイは世界で全ての経験を持っている」

「下部大会での復帰? テニスに関する自信で自分にとって大きな役に立った。手首にもすごく役に立った」と錦織は確信を示していたという。

 テニス専門中継局「テニスTV」公式ツイッターも錦織の復帰1勝を速報。「任務完了だ。ケイ・ニシコリはニューヨークオープンでノア・ルビン相手に7−5、6−3で勝利。ケイ、お帰りなさい」と歓迎している。

 米地元紙「ニューズデイ」によれば、敗れた地元出身のルビンは「ナッソー・コロシアムに来られて最高だった。そして、ケイとプレーできたこともね。彼は世界で全ての経験を持っているんだ。僕も多くを学んだよ」と錦織との対戦が刺激になったという。

 初戦を突破した錦織は14日(日本時間15日)に2回戦で世界72位のエフゲニー・ドンスコイ (ロシア)と対戦する。復活の道をひた走る錦織は、7連勝を飾ることができるだろうか。(THE ANSWER編集部)

錦織圭【写真:Getty Images】