2月11日に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系)での、政治学者で東京大学政策ビジョン研究センター講師の三浦麗氏の発言が物議を醸している。三浦氏は同番組で北朝鮮問題について持論をったが、その内容に賛否両論が飛び交っているのだ。

 同番組では、平昌オリンピック開幕の裏で北朝鮮軍事パレードを行ったり日韓会談が行われたりしていることが紹介され、「スポーツの祭典である五輪が外交の舞台として注されている」と伝えられた。

 そして、ダウンタウン松本人志三浦氏が議論を進めていくうちに話題は日軍事外交や核問題の話になった。

 ここで、三浦氏は「もしアメリカ北朝鮮に核を使ったら、アメリカ大丈夫でも、々はけっこう反撃されそうじゃないですか」と切り出した。そして、仮に戦争が始まって金正恩朝鮮労働党委員長が殺されたとしても、各都市で「スリーパー セル」(一般市民を装って潜伏している工作員テロリスト)が活動する可性があると述べた。

 さらに、「それ(スリーパー セル)がソウルでも、東京でも、もちろん大阪でも。今けっこう大阪やばいって言われていて」「潜んでいます。いざというときに、最後のバックアップなんですよ」「首都攻撃するよりかは、正直ほかの大都市が狙われる可性もあるので、『東京じゃないから』っていうふうに安心はできないというのがあるので、正直々としては核だろうがなんだろうが、とにかく戦争してほしくないんですよ。アメリカに」と戦争の危険性について説明した。

 すると、この一連の発言がインターネット上で議論の対になった。否定からは「なんの根拠もない」「(大阪在日韓国人が多いことから)在阪コリアンをスパイ呼ばわりして憎悪を扇動した」「学位剥奪レベルヘイトスピーチでは」「政治学者の肩書きを持つ人が言うことではない」といった意見が見られる。

 一方で、賛成からは「これは可性として議論しているだけ。ここをいたら、あらゆる危機管理ができなくなってしまう」「危機管理としては、お人好しなスタンスでは駄だと思う」といったが上がっている。

 この騒動に、著名人も反応している。評論家古谷経衡氏は、公安調庁の報告書のなかに「スリーパー セル」の記述が存在しないことを挙げて、三浦氏の発言を「工作員妄想」と一両断している。

 作家でブロガーのはあちゅう氏は、ツイッターで「三浦麗さんの炎上、冷静な意見を述べている人もいるけど、ここぞとばかりに口汚く罵ってる同業者っぽい人をみつけてしまい、『あ、この人三浦さんがテレビにたくさん出ているのが気に食わないんだな…男の嫉妬こわ…』って思ってしまった」と述べた。

 当の三浦氏は、反を受けてブログで「正直、このレベルの発言が難しいとなれば、このでまともな安保論議をすることは不可能です。私自身、政治家や官僚との勉強会や、非表と前提とする有識者との会合から得ている情報もあるので、すべての情報明らかにすることはできませんが、本件は、専門の間では一般的な認識であり、初めてメディアられたことですらありません」と番組内での発言を補足した。

 三浦氏は、これまでにも元大阪府知事の橋下徹氏と従軍慰安婦問題について論を交わし、橋下氏を「内向きの男性線」とバッサリ切り捨てたことがある。一方で、気が強く饒舌なキャラクター松本などから気に入られており、近年テレビを中心に活躍している。今後も、その発言が注されそうだ。
(文=編集部)

「三浦瑠麗の『自分で考えるための政治の話』公式メールマガジン」より