2月9日、ついに平昌オリンピックが開幕しました。それにちなんで、歴代冬季オリンピックテーマソングや、ウィンタースポーツテーマとして取り扱っているMVをご紹介します! 1月は都内でも大が降るなど大変な日が続きました。ゆっくりに移り変わる中、まだまだ大寒波が続いていますが、平昌オリンピックを溶け焦がすような熱い思いに触れてみませんか?

まずは、2014年に開幕したソチ冬季オリンピックテレビ東京系の中継テーマソング。《それは一き》と始まるこの曲は、ひとりの少女スケート選手として成長するまでの過程をつぶさに描いたMVに。メンバーの吐くい息が冷たいリンク上の感触を私たちに伝え、初めは見えなかった少女の息も最後はくなっていく。成長してパッと明かりがつく場面は、舞台に立つという夢をえた間だ。勝敗は描写されないが、だからこそ努が際立って、ドキュメンタリーとして成立している。

続いてこちらも、ソチ冬季オリンピックに関連した楽曲を紹介。フジテレビ系ソチ五輪中継テーマソングとして新たに書き下ろされた楽曲でもある。このMV真っ白の中に対照的ななコート、帽子手袋で身を包んだ絢香が登場する。の中でグランドピアノを弾く姿がなんだかちょっと男前だ。かと思えば、ゲレンデでとじゃれている絢香はなんとも可らしい。『number one』のタイトル通り、オリンピックに相応しい曲のひとつでしょう。

せっかくなので、韓国アーティストの楽曲もピックアップ! UP10TIONは10人編成の韓国男性アイドルグループ。曲自体はラブソングだが、MVではアイスホッケー部の人間関係をドラマ仕立てに描いている。恋愛と友情がからまり合い、殴り合ったりと少し血なまぐさい描写もあるけれど、スポ根魂とでも呼べるような熱い思いが伝わってくる。終盤、メンバー達が実際にホッケープレイするシーンはドキドキする躍動感があり必見。特に炎の演出のなか、スティックが燃えながらぶつかりあうシーンは一だが美しい

異常に上手いスノボが印的なので覚えている人も多そうだが、こちらはマンウィズがひたすらスノーボードをしまくるMVのはずなのに不思議と寒さを感じない、むしろスポーツのような爽やかさがある。口当たりがよく、思わず何度もリピートしてしまうだろう。“マンウィズ×スノボ”という組み合わせも意外性があってわくわくさせてくれる。それにしてもここまでのキメ技を見せるとは、さすが究極の生命体と言わざるを得ない。

ラスト現在開催中の2018年平昌オリンピックテーマソングに起用されている、SEKAI NO OWARIの最新MV! Fukase(Vo)と神木隆之介兄弟役がくも話題になっているが、《夢を追う君へ》と繰り返される通り、オリンピックに限定された楽曲ではなく、全ての“夢”を応援する温かくて優しい曲だ。MVで展開されるのは、美術の世界に没頭する斗(木)と、温かいご飯を作って見守る介(Fukase)の物語MVの鍵となるご飯は、おくくらい美味しそう。オリンピックに燃える中、やさしくほっと一息つかせてくれるMVだ。

TEXT

『ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲』一覧ページ
『これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!』一覧ページ
『これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!』一覧ページ
気になるワードでディグる! 〇〇なMV(okmusic UP's)