今では多くの人が何かしらのSNSをやっているので、気になる女性がいたら、その女性SNSを見たりする男性も多いでしょう。

でも、SNSを見て投稿内容にちょっと引いてしまったりしたら、一気に心が冷めるなんてこともあるかも。

そこで今回は、男が嫌がるSNSでの「がっかり投稿」を紹介します。

■一日に「何度も投稿」する

毎日のように、一日に何度も投稿をしているのをにしたら、全にSNS依存しているようにも見えます。もちろん個人の自由ではありますが、あまりにもその頻度が多すぎると、ちょっと引いてしまったりもするかも。

しかも、その女性とつながっていた場合は、いつもその女性投稿タイムランが埋め尽くされたりもします。それはやはり陶しくも感じますし、自己が強すぎるとか、一日中SNSをやっているなど、あまりいい印も持たれないでしょう。

■「愚痴オンパレード」である

SNSを、人前ではなかなか口にすることができない不満などを吐き出す場として活用している人もいるでしょう。ただ、それを他の人に見られてしまった場合は、間違いなくイメージは悪くなってしまいます。

投稿内容が不満や愚痴オンパレードであったら、「この子理かも」と男性には思われてしまうはず。人の悪口ばかりであったり、過な口調や長文で不満を爆発させていたりしたら、ちょっと恐怖すら感じるかもしれませんよ。

■「自慢」ばかりしている

人に見てもらいたいものやちょっと自慢したいことなどを、SNSに載せたいと多くの人が思うはずです。でも、あまりにも自慢する投稿ばかりになると、反感を買ってしまうでしょうし、嫌味な感じもしてしまいます。

また、セレブ気取りな投稿リア充アピールが多いと、男性からは引かれるだけ。すごくお金がかかりそうだし、自己顕示欲が強くて色々とめんどくさそうでもあるので、「この子とは付き合えないな」と感じる間でもあるでしょう。

■「色んな男」と遊んでいる

当然ではありますが、男の影がたくさん見え隠れする女性のことは、男性も「彼女にしたい」なんて思いません。ちょっと軽そうだし、男遊びもしそうな感じがするので、なかなか本命の女性としては見ることができないでしょう。

友達と遊んでいるところをSNSに載せるのは悪くないですが、いつも違う男性だったり、たくさんの男性が載っていると、男慣れしている印が強くなるもの。そうなると、男性恋愛からは確実に外されてしまいますよ。

おわりに

SNS投稿を見て「この子はちょっと理だな」と感じたら、その女性への印は一気に悪くなるはずです。それくらい影を与えるものでもあるので、やはりイメージが悪くなるような投稿はしないように気をつけた方がいいでしょう。 (山田周平ライター

カツ編集部)