相手のしいタックルに苦戦 前半21分のチャンス沼がゴールを捉えきれず

 J1セレッソ大阪は14日にAFCチャンピオンズリーグACL)初戦で済州ユナテッド韓国)と対戦。敵地での肉弾戦は、0-0で前半を終えた。

 C大阪は開始1分に右サイドバックのDF松田陸足の裏を向けたラフなタックルを受ける波乱のスタート。次第にボール支配率を高めていくが、局面では深く入り込む相手タックルに苦しみ、ベンチからユンジョンファン監督抗議を上げる場面も少なくなかった。

 その中で最大のチャンスは前半21分、相手DFのクリアミスをつき、MF水沼宏太が前に出ていたGKの上を越えるシュートを狙ったが、ゴールを捉えられなかった。

 続く同32分には、中戦で遅れて入った相手に地面に落とされる結果になったMF清武弘嗣昂し、厳しい肉弾戦の様相を呈した。逆にその7分後には、清武が相手に手を掛けて倒したところで済州の選手たちが怒りをあらわにし、小競り合いにも発展しかけた。このプレーで清武と、競り合った済州のMFパク・ジンポの両者にはイエローカードが提示された。

 試合は両チームともに得点を挙げられず、スコアレスで前半を終えた。同組の広州恒大(中国)とブリラムユナテッドタイ)が1-1の引き分けだっただけに、C大阪としては敵地での勝利でグループステージ突破へ大きな一歩を踏み出したいところだ。

フットボールゾーンウェブ編集部文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージ写真 photo by Getty Images

C大阪、ACL済州戦はスコアレスで後半へ 激しい“肉弾戦”に清武が激昂する場面も…