ラーメンと言えば、脂がたっぷりのこってりスープに山盛りのというイメージが強い。しかし、最近は「ラーメン二郎」とも違う、野菜がどっさり盛られたラーメンが増え、新定番になりつつある。そんな罪悪感なく食らいつける、3杯の“野菜だらけ”ラーメンを紹介する。

店内のBGMはインドの弦楽器シタールの曲。紙エプロンの用意もある

■ パクチースパイスのWデトックス効果に期待大!

の葉が覆うの丼の正体は…!? これは東京・西葛西の行列店「スパイスラー」の「スパイス・トリプルパチーラー麺(1230円)」。パクチーの量が通常の「スパイスパクチーラー麺(930円)」にべて3倍に。量こそ約54gと多く感じないが、のせるとスープすら見えなくなる。「奇跡ハーブ」と呼ばれるパクチーには、ビタミン類が豊富で、「デトックスを促す」「美肌ケアのサポートをしてくれる」など、ダイエット&美肌効果があるとされている。さらに、これだけの量のパクチーを食べれば、なおさら期待してしまう。

パクチーの下に潜むスープは、クミン、コリアンダーといった、14種類のスパイスブレンドして生まれたエスニック系。スパイスもデトックス効果を促し、唐辛子も使うため、発汗作用で新陳代謝が増す効果も。実際、なのに食べているだけで、額から汗がにじみ出た。店大橋たかしさんいわく、「店名の『』は幸福のマーク。お客さんに幸せになる元気を、スパイスで与えたいです」とのこと。店の気概が伝わるラーメンで元気に!

■ たった一杯で、一日に必要な野菜摂取量350gをクリア

厚生労働省が推奨する、成人一人あたりの野菜摂取量は350g。しかし、同民栄養調2010年)によれば、一日あたりの均摂取量は281.1gと、標の80しか達していない。しかも、野菜の値が高騰している昨今は、より野菜を摂取するのは大変…。ところが、都内に7店舗をチェーン展開する「トナリ」の「タンメン730円)」に使われる野菜は、一杯あたり360g。なんと一日分の野菜を一杯で摂ることができるのだ。中華で炒めて野菜のカサが減り、生野菜を食べるより量を感じずに摂取できるのも、女性にとっては嬉しい。

「トナリ」は有名店「六厘舎」系列の店だけあって、よくあるあっさり塩ラーメンタンメンとはひと味違う。濁するまで炊いた太なスープに、ホタテの香りと旨味を加えており、“飲み応え”がある。大量の野菜から出る分が出てスープが薄まることも計算し、味はやや濃いめ。麺も野菜を食べる時間を加味し、伸びづらい打ちタイプの特注中太麺を合わせている。モヤシキャベツ白菜ニンジンニラなどの7種の野菜モリモリ食べて、「体にいいことをした~」と満悦感に浸りたい。

太陽の恵みリコピンたっぷりの“トマラー”でお肌磨き

都内に16店舗が点在し、台湾進出も行った「太陽トマト麺」。厳選されたトマトを使ったスープには、トマト約3個分のリコピンがたっぷりと含まれている。よくにする「リコピン」とは、トマトに含まれているい色素のこと。強な抗化作用があり、老化や生活習慣病予防し、外線によりメラニンを生成する酵素の働きも抑える。要するに、女性が喜ぶ美・美肌効果が狙えるのだ。

ラーメンの土台となるスープヘルシー系。低脂肪ベース野菜と一緒に炊き、旨味が凝縮しているのに重くない。麺には豆乳が練り込まれ、具のチャーシューも、ではなくを使用。鮮スープが映える、小松菜を品種良した低農野菜江戸菜」を用いるなど、細部までこだわる。だから、店名を冠した「太陽ラーメン777円)」は、579kcalとラーメンにしてはカロリー控えめ。肝心の味も、モモガラのWスープミネラル豊富な天塩が、果肉感が残るトマトソースの味を引き立てて美味。健康&美容志向で、トマトの魅を伝える一杯は「美食」と呼ぶにふさわしい。

毎日ラーメン野菜たっぷりのラーメンに替えるだけで、ダイエットにも健康にも効果が感じられそうだ。ちょっと体が気になりだしたら、この3杯のラーメンに頼ってみよう。(東京ウォーカー・取材・文=小林智明/東京ウォーカー編集部)

パクチーの緑の山がそびえ立つ「スパイス・トリプルパクチーラー麺」