TASAKI株式会社TASAKI 神戸本社:神戸市中央区中町6-3-2 東京本社:東京都中央区銀座5-7-5 取締役兼代表執行役社長 田島寿一)は、自社保有の2つの養殖場を運営しているミャンマー連邦共和国にて、奨学制度「TASAKIスカラシップTASAKI Scholarship)」を創設し、その第一期奨学生にあたる、ミャンマー・タニンダーリ地方域の都市ベイ(Myeik)の学生たちへの奨学授与式を2月13日(火)に開催しました。
TASAKI1997年ミャンマーで南洋珠(養殖事業を開始し、アンダマンに臨む美しい々からなるメルギー諸(Mergui Archipelago)にあるドーメルDomel Island)で南洋珠(養殖場を20年以上にわたり運営してきました。また2017年からは、同メルギー諸内のシスター(The Sisters)にて、新たな養殖場の運営を開始しております。今回創設した奨学制度「TASAKIスカラシップ」は、タニンダーリ地方域でメルギー諸へのゲートタウンとして栄えるベイの人々のますますの発展をサポートするべく創設されたものです。同奨学制度は、経済サポートを必要とする、ベイを拠点とする学生たちの大学進学を支援することを的とし、大学在学中の全期間(一般大学は4年、医学大学は6年)を通じて、各人に対し額でUS$150支援するものです。社会的立場や学業成績、ジェンダーの等といった視点から、同奨学制度による第一期奨学生として6名が選出され、2017年12月よりプログラムが開始されています。

TASAKI スカラシップ」授与式

中央右 ウー・ミン・トゥ氏(ミャンマーゼネラルマネージャー

中央左 飯田也(株式会社TASAKI 執行役副社長

第一期奨学生 6名

(C) TASAKI

配信元企業株式会社TASAKI

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ