ゲームは1日○時間まで!」とルールを決めていることが多いと思われますが、ゲームをやる側からすれば「あともうちょっと……」と先延ばしにしがちなのではないでしょうか。

ある『Twitterユーザーが画像つきで次のようにツイート物理的にゲームができなくなる対策です。

ゲームを長時間する子供を持つ親に言いたい
これはやりすぎな…(子供線)

コンセントのプラグに鍵をつけるという荒業! これには「すげえ」「その発想はなかった」という反応があった一方で、「自分も同じようなのやられた」という人も多数見られました。

経験者と思われる別のユーザーは次のようにツイート

これやられた事あるけど普通に普段使いのヘアピン使って開錠したし、ダイヤロックでも開錠した。はっきりいって開けるのに1分もかからない錠付けても何の意味もないっていう。

また、ほかのユーザーはこんな体験談を紹介。

うちの場合はPCの電部分に配線器具のタイムスイッチ結線されてたのはいい思い出

ちなみに、元ツイートマイナスドライバーで壊したとのこと。さらに、次のように注意喚起しています。

もし親線でやるならある程度物心ついた年齢からやった方がいいですね
さすがに刺さらないから大丈夫だとは思いますけど理やって感電とかしたら危険ですから

ゲームをめぐる子どもと親との攻防。行き過ぎる前に話をして解決するというのが大事ですが、強硬手段に出る際もほどほどに……。

※画像は『Twitter』より
https://twitter.com/sasamipicata/status/963356940486131712 [リンク]

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』