ネット型リユース業の株式会社マーケットエンタープライズ(東京都中央区、代表取締役社長:小林 泰士、東証マザーズ・証券コード3135、以下、「マーケットエンタープライズ」)と、SORABITO株式会社東京都中央区、代表取締役社長:青木 隆幸、以下、「SORABITO」)は、中古建設機械(建機)や重機械(重機)の買取および販売事業で事業提携に関する契約を締結しました。またそれに合わせて、「ALLSTOCKER」とのシステム連携を視野に入れた「建機高く売れるドットコム」を2月14日より開設します。
SORABITOは、中古建機販売プラットフォーム「ALLSTOCKER」を企画・開発・運営するインターネット企業です。安心できる決済、物流、品質鑑定の向上に努め、インターネットを活用した効率かつ安全な取引を推進しています。
一方、マーケットエンタープライズは、家電からカメラ・楽器など多岐にわたる総合リユース企業です。月間約30,000件以上の商品売却依頼を受け、リユース品(中古品)の買取・販売にまつわるノウハウを有しています。また、「農機具高く売れるドットコム」ではトラクターコンバインだけでなく油圧ショベルなどの建機を一部取り扱ってきました。

今回の事業提携を通じて、マーケットエンタープライズは「ALLSTOCKER」とのシステム連携を視野に入れた、中古建機や重機の買取専門サイト「建機高く売れるドットコム」(https://www.kenki-takakuureru.com/)を開始し、本分野の買取・販売事業に参入します。これにより、両社は、中古建機・重機の買取・販売の強化を図ることで、高い需要が見込まれる新興国への販売を通して、各国の経済発展と国内市場の活性化に寄与していく所存です。

■提携の背景
日本建設機械工業会の統計によると、建設機械出荷額(輸出含む)*1は、2017年で2兆5513億円となっています。また、2017年の海外輸出総額は、前年比約30%増の1兆5331億円*2となっています。
そのなかで、財務省貿易統計から、マーケットエンタープライズが算出した中古建設用機械の海外輸出額も2017年2013年から約30%増の約1428億円*3となっています。これは、日本の中古建機や重機は、品質の高さや使いやすさ、こまめなメンテナンスによる経年劣化の少なさなどから海外需要が高いことによるためで、かつ、中古ならではの低価格での入手が可能なことから、今後も特にアジアをはじめとした新興国を中心に輸出額が伸びていくものと見込まれます。

*1および*2:日本建設機械工業会 建設機械出荷金額統計(2017年)による
http://www.cema.or.jp/stat/result/statistics_01.html

*3:財務省貿易統計による
http://www.customs.go.jp/toukei/info/index.htm

株式会社マーケットエンタープライズ概要
マーケットエンタープライズは、 “賢い消費”を世の中に提案する、ネット型リユース事業のリーディンカンパニーです。 2006年に事業開始以来、 販売店舗を保有しない事業形態で成長を続けています。 2015年6月には東証マザーズに上場、 サービス利用者は延べ230万人を達成しました。
ウェブサイトhttps://www.marketenterprise.co.jp/

SORABITO株式会社概要
SORABITO株式会社が運営する『ALLSTOCKER』は東アジア東南アジアを中心に150を超える国と地域からのアクセスがある中古建機販売のプラットフォームです。「世界中の明日をつくる」をビジョンに掲げ、中古建機販売のグローバルプラットフォーマーとして、安心できる決済、物流、品質鑑定の向上に努め、インターネットを活用した効率かつ安全な取引を推進しています。
ウェブサイトhttps://www.sorabito.com/

配信元企業:株式会社マーケットエンタープライズ

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ