株式会社Linc(本社:東京都墨田区、代表取締役:仲 思、以下 Linc)は2月14日、ジェネシアベンチャーズ、BEENEXTを引受先とする第三者割当増資により、総額1億円の資調達を実施しました。

(左から、創業者兼CEO 仲思氏、 CMO Sophie Chow氏、 共同創業者兼COO氏)

株式会社Linc提供サービスについて 式会社Lincの由来はLink + Inclusiveであり、「外国人材日本の架けとなり、イノベーションを起こすことでより多様性と包容溢れる社会す」をミッションに掲げる、経営全員日本留学を経て大手企業にて勤務した経験を有する外籍の人間で起業したスタートアップ企業です。

近年、日本における外国人学生数は右肩上がりで推移しており、アジア圏における日本語学習者だけでも350万人以上存在します。

Lincは、日本社会の少子高齢化に伴う中長期的な人材不足といった課題に対し、優秀な外国人材向けに来日の利便性・効率性を高め、更には日本で学ぶ、働く機会と喜びを提供することで解決していきたいと考えています。Linc外国人材に対し日本語学習から留学、そして日本におけるキャリアまでワンストップサポートするだけでなく、日本社会や文化・マナーに適応し、かつ強く共感できる外国人材の育成に強い使命感を持って取り組んでいます。

中長期では学校企業と優秀な外国人材マッチングさせるプラットフォームになるべく、来日外国人材ライフイベントに基づき進学、アルバイト、就職、転職等のサービスを垂直的に展開することで少子化社会と既存の雇用構造にイノベーションを起こしたいと考えています。

その第一段階として、来日留学生の中で一番率の高い中国市場向けに、Linc最初のプロダクトであり、日本初のオンラインに特化した進学Eラーニングサービス日本留学(課はLinc中国語発音)」をリリースしました。サイトでは、日本大学に進学するために必要な講義動画練習問題、質疑応答等を一気通貫提供しております。2017年1月よりサービス提供を開始し、1年で日本50える学校に在籍する中国人学生に利用して頂いただけでなく、Live講義の累計視聴者数は10万人を突破しました。今後は、蓄積された学習データを基にマシンラーニング等を通じてよりユーザー個々人に対してよりパーソナライズされた学習システム提供するだけでなく、当該データに基づき、ユーザーにとって最適な学習プランや進学先をレコメンドできる機を強化して参ります。
日本留学に関する今後の展開として、日本学校中国語圏にて日本語教育提供している高等教育機関インターナショナルスクール等に対してLincの学習システムを導入することで、生徒の日本への留学、日本大学への進学を加速化させて参ります。

■資使途及び今後の展望について

今回の資調達により、コンテンツ制作体制、中国台湾等の中国語圏におけるマーケティング、そして自社Eラーニングシステム情報メディアコンテンツにより蓄積されたユーザーの学習・行動・性格・嗜好データに基づき外国人材日本学校機関企業とのマッチング精度を高めるべく、優秀なAIデータサイエンス関連人材の採用を強化して参ります。

将来的には、対東南アジア外国人材まで拡大させていくことに加えて、Lincプロダクトを通じて蓄積されたユーザーの各種ライフイベントデータに基づき、日本における外国人材の「信用」をスコアリングできるプラットフォームを構築することをします。外国人材の、日本における「信用」の構築を通じて、日常生活面における利便性を高めることで外国人材がより長期的に日本に滞在しやすい土壌を醸成できればと考えています。

企業概要

社名 : 株式会社Linc
設立 : 2016年6月6日
代表取締役 : 仲 思
会社情報URL : www.linc-info.com
サービスURL : www.52japan.com

■問い合わせ先

TEL: 03-6240-2155
EMAIL: support@linc-info.com

配信元企業株式会社Linc

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ