2月14日に放送されたバラエティ番組「良かれと思って」(フジテレビ系)の企画ものまねタレント暴露オークション」で、ものまね芸人のギャラについてられる一幕があった。

お笑いコンビハリセンボン近藤春菜ものまねなどを得意としているタレントのジーニー32歳)が、「一番好きな営業は社長から直接もらえる営業。電話がかかってきて明日いてたら後輩連れてきて宮古おいでよ、というオファーがあって、アゴ(食費、交通費、宿泊費)3泊4日、全部出してもらってギャラも1人30万円くらいくれた」とコメント

スタジオで驚きのが上がると、タレントホリ41歳)が「ジーニーくん、すごいのはイベントキャスティングもやっていて、これからジーニーくんの仕事相模大野に行くんです」と、ジーニーがイベンターとしても活躍していることも明かした。

その後、ホリの営業話となり、営業はだいたいに4本、多い時で10本。収入の6割が営業とったところで、営業単価はどれくらいか、との質問が飛ぶと、ホリ仕事を依頼しているジーニーが「だいたい2回(営業)行ったら買えるくらいですよ」と暴露。ホリはすぐさま「買えるわけねえだろ!」と反論したが、ある程度の額はもらっているようだ。

Twitterなどのネットでは「ホリの営業のギャラの高さにはビックリだなぁ」「ホリけてるのにケチなんてw」「ジーニーレストランやってたのは知ってたけどイベンターの会社までしていたとは」といった反応が寄せられている。