内外で人気を博す吉住渉の同名少女漫画を、桜井日奈子吉沢亮ダブル演で実写映画化した『ママレード・ボーイ』(4月27日開)。すでに中山美穂や檀れい、谷原章介筒井、そしてEXILEの最年少メンバー佐藤優希といったキャストが発表され、大きな話題を集めている本作の題歌をGReeeeNが担当することが決定した。

【写真を見る】美男美女しか出ていない!豪華キャストのヴィジュアルはこちらからチェック

その気になる楽曲は4月11日()に発売されるニューアルバムに収録されている、本作のために書き下ろした新曲「」。

昨年メジャーデビュー10周年を迎え、結成の秘話がられた映画『キセキ-あの日のソビト-』(17)開。さらに現在開催中の平昌オリンピックではフジテレビでの中継テーマソングにも抜されたGReeeeN。心にく歌と切ない歌詞が共感を呼び、“着うた”世代から絶大な支持を集めた彼らの楽曲が、世代をえて再び大ブームの兆しを見せている。

彼らが映画題歌を担当するのは『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』(07)、『ROOKIES-卒業-』(09)、『アントキイノチ』(11)、そして『キセキ-あの日のソビト-』に続いて5度。また本作でメガホンをとる監督の『ストロボエッジ』(15)では彼らが催したオーディションで選ばれたグループwhiteeeenが「唄」をカバーして大きな話題を呼んだ。

本作のために書き下ろした楽曲についてGReeeeNメンバーは「主人公たちも永遠にを紡いでいくことを願いながらをしています。この曲を聴いていただいたみなさんも、そばにいる大切な人に、これからも気持ちを伝えつづけようって思っていただけたら嬉しいです」と彼らの持ち味である、にあふれたテーマ性を込めていることを明かした。

さらに監督も「映画全体を包み込むような曲に仕上がっていて、未来を感じさせる歌詞物語にまた違う広がりを作ってくれました」と絶賛。“史上最強ラブソング”とも噂されている「」。歌詞メロディの詳細はまだ明らかになっていないが、『ママレード・ボーイ』の世界に新たなイメージを与えてくれるに違いない。(Movie Walker・文/久保田

『ママレード・ボーイ』とGReeeeNがコラボ!