を飼っている人は多い一方、どうしても苦手、という人もやっぱりいます。でも……飼ってみたら思った以上にかわいくなってしまう事もやっぱり多い訳で。そんな漫画ツイッター投稿され多くの共感を得ています。

【さらに詳しい元記事はこちら】

 一迅社ゼロサムオンラインにて「女子漫画編集者屋さん」を連載中の漫画家さんが投稿した漫画には、「動物が苦手だった人間が家族になってわかったこと。 もう12年くらいの付き合いになります。」というコメントと共に飼っているの表情が実に豊かに描かれています。

 飲みがなくなったら床をいて知らせ、「おやつ買ってきたよ」の言葉に嬉しそうな顔になったりと表情豊かだったり、ちょっとでも出かけるそぶりを見せようものなら散歩に行けると勘違いしたり。既にお散歩行った後でもまた行きたがるとか元気よね。

 家族が悲しんだり病気ダウンしたりしている時には、心配して寄り添ってくれます。そして、に帰るだけで世界で一番喜んでくれるという大歓迎っぷり。

 漫画には共感する人が続出。「ほんとこの通り」「うちの子もそうでした!」「でも言葉をちゃんと理解しているって感じられる」などなど。中には最近飼い犬を亡くし、思い出して涙ぐんでしまったという人も。

 ってホントちょっとした事でも表情に出ますよね。筆者の実家ペットが絶えないでしたが、がいた時はその表情の変化や表現がくるしくてちょっと何かやらかしても結局許せてしまったりってな事があったのを思い出しました

 雪さんは小さい頃から動物が苦手で、野に追いかけられて以来、が苦手でずっと避けてきたそうです。しかし、年の離れたさんがどうしてもを飼いたい!という事でトイプードルを飼ってみたところ、今では大の好きに。好きな場所はドッグラン、毎の保護団体に募するまでになったという事です。

 行さんは「最初は距離をとってたのですが、家族があまりに甘やかしてえをするようになったので子の躾について検索したのが始まりです」と好きになった切っ掛けをってくださいました。

 どうしても苦手をしないといけない状況にでもならないと、なかなか難しいものはあるかもしれません。しかし、触れてみて初めて分かるかわいさや愛しさというものは何物にも代えがたいものがあります。するものが多いって、素敵な事ですよね。

<記事化協
さん(@michiyukiaporo

みいな)

犬と生活して分かった事。確かにそうだよね!と頷かずにはいられない