子どもの頃の親友を覚えているだろうか? もしかするとその人は、大人になった後もあなたの知性に影を与えているかもしれない。英「Daily Mail」が今13日付で報じている。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2018/02/post_15997_entry.html

■11歳の時の親友

 子どもは学習に優れていて、さまざまな知識やスキルをあっという間に吸収していく。だが、子どもを賢い大人に成長させるのは親や先生だけではないかもしれない。・フロリ大学心理学者、ライアンメルドラム博士らによると、11歳の時の親友の知性が大人になった後の賢さに影しているというのだ。

 研究チームは19912007年までの間に米国の十都市の数庭から集められたデータを解析した。データには715人分の子どもの10~15歳までの知の結果が含まれていた。解析の結果、15歳時のIQは11歳時の親友の知と強く関連している事が示された。ほとんどの親友は同じ性別で、年齢差は2歳以内、そして親友が賢いほど、当人の15歳時点のIQも高かったという。

■賢い友達を持つと賢くなれる?

 興味深い事に、この結果は当人の10~11歳時点でのIQや知性に影を与える他の要素の影庭での学習機会の豊かさや母親IQ、受けている教育レベルなど)を考慮しても変わらないという。子ども達は自分と同じくらいのIQを持つ親友を選んだのではなく、賢い親友に影を受けて、自分自身も賢く成長していくというのである。研究者らは、子どもは頭の良い親友の影で勉強に励むようになり、知性も向上する可性が高いとしている。論文はオンラインジャーナル「PsyArXiv」に今投稿された。

 考えてみれば、子どもの頃は友人たちとほぼ一緒に過ごしていた。学校でも放課後でも、時には塾や習い事の時でも。1日に何時間と共に過ごす親友に大きな影を受けるのも当然である。子どもを賢く育てたいなら、親があれこれ頑るよりも、より賢い友達を作れるようにしてやる方がいのかもしれない。ただし賢い子どもが必ずしも良い子とは限らないこともお忘れなきよう。良きにしろ悪しきにしろ、親友の影が非常に大きいことはもが知るところであろう。
(編集部)
イメージ画像:「Thinkstock」より

イメージ画像:「Thinkstock」より