物語が後半に突入し、徐々に盛り上がりを見せているNHK朝ドラ「わろてんか」だが、主人公である女行師・北村てんを演じるわかなの評判がなかなか上がってこない。

「いつも同じような笑顔難な演技に見えます。時代のてんと中年になったてんの見たもさほど変わらず、彼女がどんなに成長したのかもわかりにくい。さんのせいだけではないと思いますが、感情移入しにくいヒロインですね」(テレビライター

 対して注を浴びている存在が、女漫才師・リリコを演じる広瀬アリスだ。2月5日から10日はリリコが漫才師としての手応えを掴むストーリーで、リリコが役の週だった。

「艶やかな着物に負けていない広瀬さんは美しく、画面がパっとやいでいました。てんのキャラクターはいまいちよくわかりませんが、気が強くクセのあるリリコはキャラも立っています。劇場にいる観客から采を受けたとき、その潤んだ瞳でリリコの感した気持ちが伝わった。広瀬さん、こんなに演技がうまかったのかなと。その後てんのアップに切り替わりましたが影は薄かった。脇役役を食う典だったと思います」(前出・テレビライター

 視聴者からも「リリコのり方がすごい」「役が全に食われてる」「脇役立つドラマって‥‥」といった感想が立った。

 物語は終盤に向かうが、次は役であるわかながく番だ。

和美

アサジョ