敵地で攻撃爆発ポルトに5-0圧勝 サラー、フィルミーノもゴール

 セネガル代表FWサディオ・マネが覚醒した。UEFAチャンピオンズリーグCL)決勝トーナメント1回戦、ポルトリバプールが行われ、リバプールが敵地ながら5-0の圧勝劇を演じた。そのなかでマネは、ハットトリックマークする大活躍を見せた。

 試合が動いたのは前半25分のこと。MFジョルジニオ・ワイナルドゥムの強引な突破に相手マーカーがひきつけられると、こぼれ球が左サイドフリーになったマネのもとへ。これを背番号19は冷静に決めて先制に成功する。その4分後には絶好調のエジプト代表FWモハメド・サラーが技巧的な足技で相手GKを翻弄し、追加点を奪った。

 後半もユルゲン・クロップ監督率いるリバプールの勢いは止まらない。同8分、カウンターからサラーがボールを持ち運び、前方へスルーパス。FWロベルトフィルミーノのシュートは相手GKに弾かれたものの、フォローで走り込んだマネが再びこぼれ球をプッシュ。自身この日2点で試合を決定づけると、同24分にはフィルミーノがチーム4点ゲット。そして仕上げは後半40分、マネだった。

 左サイドから来たボールゴールから約30メートルの位置で受けたマネは、一気にスピードアップ。相手守備を翻弄すると、ペナルティエリアに入る直前に右足を一。強弾道ゴールネット文字通り突き刺さり、ハットトリックを達成。そして第1戦終了時点ながら準々決勝進出をほぼ手中にした。

「今彼は復活」 W杯日本の脅威に…

 マネの八面六臂の活躍に、英公共放送BBC」で解説を務めた元リバプールDFスティーブン・ウォーノックが「今季序盤戦は怪の影もあってか自信を喪失していた。しかし今、彼は復活した。ハットトリックで再び素らしさを得た」と絶賛している。

 マネと言えば、日本代表が戦うロシアワールドカップW杯グループリーグ第2戦でぶつかるセネガルのだ。バヒド・ハリルホジッチ監督率いるチームが必勝を問われる一戦だが、そのエースがコンディションを上げているのは脅威と言えるだろう。

フットボールゾーンウェブ編集部文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージ写真 photo by Getty Images

セネガル代表FWマネのハットトリックに英解説者「復活」 リバプール大勝でCL8強前進