中国の大病院では長時間待っても診察は一で終わり、医者も威圧的であることは少なくない。そのため、中国人から見ると日本病院は全く違うと感じるようだ。中国メディア明網は11日、日本病院での重な体験を記した記事を掲載した。日本人医師の態度はで細やかで、「中国病院関係者への啓となれば」と望んでいる。

 この筆者が訪れたのは、東京都内にある大学付属病院だ。中国人の通訳として念願の日本病院に行く機会が訪れたというが、驚きの体験で「が開かれた」とっている。

 病院に入る前から違いを感じたという筆者。外来と救急とで入り口が分かれているばかりか、外来も入り口と出口が分かれており、混乱を避けるようにできていると紹介。入り口には消毒アルコールが用意され、訪問者に消毒してもらい衛生環境を保つようにしていたと伝えた。また、受付係はプロフェッショナルなうえに親切で安心感があり、威圧感のある白衣を着た人が立っている中国とは違うと紹介した。

 では肝心の診察はどうだったのだろうか。ほんの20分待っただけで順番が来たばかりか、診察室に入ると第三者がそばにいないことに感したという。中国では、順番待ちの人たちがすぐそばにいて診察を一緒に見聞きしているのは普通のことだ。日本では「プライバシー全に守られる」という当たり前のことにすっかり感心している。また、問診、レントゲン、説明の一連の流れが駄なく進み、医者が患者の話をまじめに聞き、説明し、質問に摯に答える様子も中国とは全く違うと感じたようだ。

 記事は、今回は大学病院に行ったが、日本には専門的な個人病院も非常に多いと紹介。さらに、日本の院外処方の仕組みも紹介し、病院をむやみに出さないようにしているとも摘した。記事が伝えたことは日本ではどれも当たり前のことだが、中国では大きく異なっているようだ。医療ツーリズム日本へ来る中国人が増えているというのも納得である。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供123RF

これが日本の病院なのか! 中国との大きな違いに大きな衝撃=中国メディア