2018年、今まさに世界が注しているニッポンに迫る新企画。今年のパリコレで使われた衣装の生地を作る
職人や、世界デザイン賞で賞を受賞した日本の伝統工芸などを紹介。

今年1月に行われたパリコレに潜入!マドンナレディーガガビヨンセ用するフランス人気ブランド衣装日本製の生地が使われていた!?製作しているのは、殻の光沢を持った珠層の部分を切り出し、漆器などの装飾に用いる「螺鈿(らでん)」を織物に織り込んだ「螺鈿織り」を行っている京都の小さな工房300年続く伝統の技術で、殻以外にも「木」や「プラスチック」など様々な異素材糸と掛け合わし生地を製作。この革新的な生地にファッションの最高峰パリコレの反!?
昨年、世界的なデザイン賞「IFデザインワード」で iPhoneフェラーリと並び賞を受賞した富山の「組子細工」。釘を使わず木材を組み上げる日本古来の伝統技術…その圧巻の技とは?海外でも通用する新なデザインの組子を開発し、ザ・リッツカールトホテルなど世界中から発注をうけている。

2年先まで予約が埋まっているという、外国人向けの日本ツアーに密着!イギリス写真催するこのツアーは、重要文化財などの観光地を巡るものではなく、「日本の野生動物の撮影」を的とした一変わったもの。向かったのは、サル温泉に浸かることで有名な長野県地獄谷野猿公苑」。ニホンザルしい生態を間近で観察できる世界一の場所ということでツアー参加者たちは大奮!心にシャッターを切り続けていた。
その他、世界中から外国人が買いものに訪れる「世田谷ボロ」や、なぜかインド人たちが集まる山梨県甲府市にも迫る!

配信元企業テレビ大阪株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ