『ロープ 戦場の生命線』は、紛争地帯のある1日を通して、人間のままならなさと希望を浮かび上がらせた作品だ。というとなんだか重たそうだが、コメディ的な要素とヘビーな要素を絶妙にブレンドした、しみじみと滋養のある一作である。

井戸水除染のために、紛争地帯でロープを探せ!
タイトルになっているように、この映画はロープをめぐる右往左往を描いている。舞台は1995年、紛争終結直後のバルカン半島。小さな村の井戸に、死体がひとつ投げ込まれているところからストーリーは始まる。村人の生活用水が汚染されてはまずいと、NGO団体"国境なき水と衛生管理団"のメンバーは死体にロープをくくりつけて引き上げようとする。が、古びたロープは途中で切れてしまい、やむなく彼らは代わりを探すことに。

二手に分かれてロープを探す"国境なき水と衛生管理団"のメンバーたち。ベテランのマンブルゥ、同じくベテランながらほぼ変人のビー、生真面目な新人ソフィー、通訳のダミールと、国籍も年齢もバラバラな彼らはロープがありそうな場所を探すも、国連軍の駐屯地にはなく地元の店には断られ、なかなか手に入れることができない。おまけいじめられている現地の子供を拾ったり、マンブルゥの元カノが査察官として同行したりと、状況は悪化するばかり。井戸の浄化のリミットは24時間。そこら中に地雷が埋まり、武装解除されていない部隊がうろつくバルカン半島で、彼らはロープを手に入れ井戸を除染することはできるのか。

というわけで、「たかがロープ」をめぐるドタバタを描いた作品なのだが、理不尽なことが頻発する紛争地帯の現実もきっちり描く。そもそも井戸に死体が放り込まれているのも「犯罪組織が自分たちで水を売るため」という容赦がないものだし、道路には牛の死骸と地雷を使ったブービートラップが仕掛けられている。子供は喧嘩に拳銃を持ち出してくるし、国連軍はお役所仕事でNGOの活動を妨害する。こういったバルカン半島の状況をきっちり描いているからこそ、劇中で流れるラモーンズやバズコックスの楽曲や、へこたれずに頑張るNGOの面々の姿がグッと引き立つ。スイカの塩と同じ原理である。

脚本にも注目したい。「井戸を除染する」という目的と「ロープを手に入れる」という手段が冒頭でまず設定され、おまけタイムリミットが設けられることでスリルも生まれる。導入から目標の設定までの流れがスムーズなので、紛争地帯というとっつきにくい題材を気にせずスルスルと飲み込める。軍人ではなくNGO団体の職員たちを主役にすることで登場人物に幅を持たせることに成功しているし、職員たちの設定によってコメディ的な要素も盛り込むなど、キャラクターストーリーの絡み合いもスマート。監督のフェルナンド・レオン・デ・アラノアは脚本家としても長いキャリアを持っている人で、その強みがしっかり発揮されているのだ。

豪華俳優たちによって表現される、人間臭さと希望
この映画をもう一段深い味わいにしているのが、NGO職員はじめ登場人物の人間臭さだ。例えば、現場で奮闘する彼らのリーダーのマンブルゥは、聖人君子とはかなりかけ離れたキャラクターである。国に彼女がいるのに現地でロシア系の女性NGO職員に手を出し、しかもその手を出した職員から査察される立場になってバツの悪い思いをしたりする。演じるベニチオ・デル・トロの赤羽あたりで昼から飲んでるおっさんのようなルックスも手伝って、けっこうなダメおやじ感が漂う。

ティムロビンス演じるビーは輪をかけてめちゃくちゃである。車では無線の呼び出しが聞こえないほどパンクを大音量で流しまくり、新人の職員をおちょくり、牛の死骸を平気で轢く(ブービートラップを避けるためなので仕方ないんですけども)。ほとんど無法者のようなおっさんなのだが、これは長年戦場で活動してきたがゆえの行動だ。彼だって立派なNGOメンバーである。

こういうめちゃくちゃ人間臭い人たちが、「井戸水を除染する」という単純な目的のために一致団結する。劇中では彼らはけっこうしんどい目にも遭うのだが、それを乗り越えていく様はどうしようもなく渋くてかっこいい。民族紛争を起こしたのも人間だけど、それをなんとかしようと頑張るのも人間である。『ロープ』からは、そんな人間と希望に対する信頼が確かに伝わってくる。

『ロープ』は紛争地帯の厳しさから逃げず、それでも軽やかさを保ったまま人間臭い希望を提示してみせる。彼らはどこからロープを入手したのか、そして死体を引き上げることはできたのか。その結果とそこに込められたメッセージを、なんとしても確認してほしい。

【作品データ
「ロープ 戦場の生命線」公式サイト
監督 フェルナンド・レオン・デ・アラノア
出演 ベニチオ・デル・トロ ティムロビンス オルガ・キュリレンコ  メラニー・ティエリー ほか
2月10日より全国ロードショー

STORY
1995年、紛争終結直後のバルカン半島。NGO"国境なき水と衛生管理団"のメンバーたちは村の井戸に投げ込まれた死体を引き上げようとするが、途中でロープが切れてしまう。代わりのロープを探しに出かけた彼らは、紛争地隊ならではの続発するトラブルに見舞われるが……
しげる