2018年2月15日、東京】日本のベンチャーキャピタル、 IT-Farm Corporation(本社:東京都新宿区)は、本日、エマーコインへの投資を行い、先鋭的なエマーコインブロックチェーン・ソリューションの日本における展開を支援していくことを発表しました。
IT-Farmの代表取締役を務める黒崎守峰氏は、エマーコインの諮問委員会に参画し、日本におけるエマーコイン技術の推進、および企業が同技術を使用した安全で革新的なソリューションを開発するパイロットプロジェクトの発掘に貢献していきます。

本件に関し、IT-Farmの黒崎氏は次のように述べています。
「エマーコインチームと共に、日本での活動拡大に取り組んでいくことを非常に楽しみにしています。日本において、エマーコインの革新的なブロックチェーンビジネス・ソリューションは歓迎されるでしょう。」

エマーコインブロックチェーンは分散型のよりセキュリティの高い包括的なサービスであり、ブロックチェーンを用いた以下のようなサービスを提供します。


エマーコインの創始者であるユージン・シュミロフ氏は以下のように述べています。
「我々の技術のポテンシャルをIT-Farmのような実績ある投資グループに認めていただいたことを大変光栄に思います。IT-Farmと連携し、日本の企業や日本社会にエマーコイン技術を紹介できることを楽しみにしています。また、2018年内に日本国内の大手仮想通貨取引所への上場を目指し邁進していきます。」

今回のIT-Farmによる出資に先駆けて、世界有数の包括的なブロックチェーン技術を提供するビットフューリーが、今後のアプリケーションの領域を拡大する目的でエマーコインへの投資およびサポートを開始しています。


IT-Farmについて
IT-Farmは投資ファンドGP、プロフェッショナルビジネスコンサルティングを行うベンチャー・キャピタルです。IT-FarmはKibou FundとHikari Fundのエクシクルーシブ・サービスプロバイダーとして活動しています。

エマーコインについて
エマーコイン仮想通貨であり、様々な分散型認証サービスを提供する分散型ブロックチェーンプラットホームです。エマーコインは高い信頼性、ロバスト性に加えて、PoWプルーフ・オブ・ワーク)、PoSプルーフ・オブ・ステーク)、マージドマイニングという3つのマイニング方式を組み合わせたハイブリッドマイニングを特徴としています。エマーコインのプラットフォームは、ネットワークセキュリティサービスのEmerSSL、EmerSSHや分散型ドメインシステムEmerDNS、偽造防止ソリューションのEmerDPO、ボイスオーバーIPソリューションのEMUMERなどをサポートしています。

ビットフューリーについて
世界有数の包括的なブロックチェーン技術サービスを提供するビットフューリー・グループ(Bitfury Group)は、ブロックチェーンエコシステムにおいて民間で最大規模を誇るインフラプロバイダーです。ビットフューリーは、企業、政府機関、団体および個人が、ブロックチェーン上で資産を安全に移転させるために不可欠なソフトウエアおよびハードウエアソリューションを開発・提供しています。ビットフューリーのソリューションにより、簡単かつ素早く、安全でコスト効率に優れた、ブロックチェーンへのアクセスが可能となります。ビットフューリーのグローバルチームは、テクノロジービジネスコミュニケーションセキュリティ、そして民間団体における専門家によって構成されています。ビットフューリーは、ブロックチェーンが世界経済に新たな機会と繁栄をもたらす技術であることを確信しており、さらなるイノベーションの促進、ピアツーピア経済の発展に向けたブロックチェーンアプリケーションの開発および発展を使命として掲げています。より詳しい情報は http://bitfury.com/ (英語)よりご確認いただけます。

配信元企業:The Bitfury Group

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ