NHK Eテレ教育番組『おかあさんといっしょ』が映画化され、9月7日から全イオンシネマほかで開される。

2歳から4歳児を対にした教育エンターテインメント番組『おかあさんといっしょ』。これまでに約60年間にわたって放送が続いている長寿番組で、コンサートアリーナイベントなども各地で開催されている。

映画版のタイトルは『映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険』。現在番組に歌のお兄さん、歌のお姉さんとして出演している花田ゆういちろう、小野あつこ体操お兄さん小林よしひさ、パントマイムコーナーパント!」のお姉さん上原りさがスタジオを飛び出して様々な場所へ冒険に出かけるという内容だ。

番組では番組内の体操「ブンバ・ボーン!」も登場するほか、人形劇ガラピコぷ~』は初のオリジナルアニメ化。チョロミー、ムームーガラピコは彼らが暮らす惑星しずく」を飛び出して、初めてのに訪れるという。なお1990年に『おかあさんといっしょ』内の人形劇にこにこ、ぷん』が『だ!船だ!にこにこ、ぷん』として劇場アニメ化されているが、実写の歌や体操パートアニメパートで構成される作品としては初の映画化となる。

今回の発表とあわせて特報映像開。ゆういちろうお兄さんあつこお姉さんよしお兄さん、りさお姉さんコメント映像に加えて、ムームーガラピコ、チョロミーのアニメ化されたビジュアルも確認できる。

NHKエデュケーショナルこども幼児部統括部長プロデューサー古屋昭は『おかあさんといっしょ』について「自分がこどもの時、そして親になった時、さらに孫ができた時、「人生で3回出会う番組」と言われています」とコメントしているほか、映画について「今度は『映画館』という新しいステージで、子どもたちの笑顔、そして元子どもたちの笑顔に出会えたら嬉しいです」とっている。

また日活プロデューサー高橋信一は「私自身も子どもの頃夢中になっていた民的なこの番組を映画として作ることにより、映画館という間だからこそできる体験を子どもたちに味わってほしい、その様子を親御さんに見守ってほしいと思っています」とコメント

古屋昭のコメント
おかあさんといっしょ」は、1959年10月に放送を開始し、2018年60を迎えます。「アイアイ」「ブーフーウー」「にこにこ、ぷん」「だんご3兄弟」...番組から数々のヒット曲や人気人形劇も生まれ、日本中の子どもたちに時代をえて親しまれてきました。自分がこどもの時、そして親になった時、さらに孫ができた時、「人生で3回出会う番組」と言われています。今も、番組収録やコンサートイベントなど、様々な場面で「おかあさんといっしょ」の世界を沢山のご家族が楽しんでくださり、本当に感謝の気持ちで一杯です。今度は「映画館」という新しいステージで、子どもたちの笑顔、そして元子どもたちの笑顔に出会えたら嬉しいです。

高橋信一のコメント
自分の子どもが「映画館で初めて観る映画は何になるのだろう?」と思った時、親子が楽しく観る映画を作りたいと思いました。そんな時、横でテレビに釘付けになっているが観ていたのが「おかあさんといっしょ」。私自身も子どもの頃夢中になっていた民的なこの番組を映画として作ることにより、映画館という間だからこそできる体験を子どもたちに味わってほしい、その様子を親御さんに見守ってほしいと思っています。なにより私自身、その時が楽しみでしかたがありません。

『映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険』 ©2018「映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険」製作委員会