コスタクルタ副コミッショナーがコンテを評価「数カ以内に話し合いを持つことになる」

 ロシアワールドカップW杯)出場権を逃し、代表監督位となっているイタリア代表。イタリアサッカー連盟(FIGC)の副コミッショナーを務める元ACミランアレサンドロ・コスタクルタ氏は、イタリア代表の次期指揮官補として現チェルシーアントニオ・コンテ監督を強く推している。

 イタリア代表はW杯欧州予選プレーオフスウェーデンに敗れ、60年ぶりに本大会出場を逃した。チームを率いたジャンピエロヴェントゥーラ前監督はすでに解任されているが、依然として後任は決まっていない。

 補にロベルト・マンチーニ氏やカルロアンチロッティ氏といったビッグネームが浮上するなか、FIGCのコスタクルタ副コミッショナーはイタリア「ガゼッタ・デッロ・スポルト」で監督人事についてコメントしている。

「まだ決まっていないが、コンテはベストな一人だと考えている。数カ以内に間違いなく話し合いを持つことになるだろう」

 コスタクルタ氏はこうっており、近いうちに話し合いが行われる模様だ。

チェルシー契約を19年まで残しているが…

 コンテ監督2014年ブラジルW杯後から2016年欧州選手権までアッズーリを率いた経歴を持つ。その経験を高く評価されているようだ。

 ポルトガルで行われた欧州選手権でチームベスト8に導いた闘将は、大会後にチェルシー監督に就任。同クラブとの契約2019年まで残しているなかで、再び代表監督就任の噂が浮上した形だ。

 歴史的な予選敗退で失意に暮れるイタリア。新たな希望を託す指揮官はいったいになるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージ写真 photo by Getty Images

空位のイタリア代表監督に最有力候補!? 伊協会関係者が“コンテ推し”「ベストな一人」