チェルシーMFアザールネイマールメッシを抑えてドリブルマスター

 世界最高峰と言われる欧州5大リーグでは、世界からテクニック自慢の手練れたちがしのぎを削っている。バルセロナアルゼンチン代表FWリオネル・メッシや、パリ・サンジェルマンPSG)のブラジル代表FWネイマールが毎試合のように麗な美技を繰り出してハイライト映像を“占有”するなか、スイスサッカー専門調機関「CIES Football Observatory」がデータ分析会社「オプタ」のデータを基に、欧州5大リーグのドリブラーランキングを作成。メッシネイマールを抑え、サッカー界の“小さな巨人”が1位いている。

【一覧リスト】スイス調査機関CIESが算出! 「欧州5大リーグベストドリブラー30」

 欧州5大リーグにおいて、90分間換算での1試合均ドリブル数と、ドリブル成功率を基に、格付けを行った今回のランキングプレミアリーグ16位に低迷するサウサンプトンからは、ガボン代表MFマリオルミナとモロッコ代表MFソフィアンヌ・ブファルが9位タイと8位に入った。ルミナのドリブル成功率79は、トップ10選出選手の中では2番の高数値となっている。

 変幻自在のドリブルでアタランタの大柱として君臨するアルゼンチン代表FWアレハンドロゴメスは、トップ10一のセリエA勢となる6位。独特のリズムで相手を翻弄するトットナムベルギー代表MFムサ・デンベレとリヨン21MFタンギ・ヌドンベレが4位を分け合った。

メッシを上回るドリブル数を誇ったのは…

 ネイマールメッシは順当にトップ3入り。両者ともにドリブル成功率は62ながら、1試合均ドリブル数で7.3回、5.5回と差がつき、ネイマール2位となった。ネイマールの7.3回は、今回発表されたランキング100人の中でも断トツの数字だった。

 そして、栄えあるドリブルマスターいたのが、身長173センチの“小さな巨人”、チェルシーベルギー代表MFエデン・アザールだ。1試合均ドリブル数はメッシを上回る6.4回、ドリブル成功率も75と記録。今季は24試合11得点と足首折の影を感じさせないプレーを見せている。

 トップ10には、プレミアリーグが最多の5人、リーグ・アンが3人、リーガ・エスパニョーラセリエAが一人ずつ。ブンデスリーガからの選出はなかった。

フットボールゾーンウェブ編集部文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージ写真 photo by Getty Images

スイス調査機関発表「欧州5大リーグドリブラー30」 ネイマール&メッシら抑え1位は?