ディ・ビアッジョ暫定監督は招集の旨を明かすも、関係者・ファンから賛同を得られず

 イタリア代表は今年6月に開幕するロシアワールドカップ(W杯)の出場権を逃し、3月の国際Aマッチウィークが仕切り直しの機会になる。しかし、ルイジ・ディ・ビアッジョ暫定監督は40歳のGKジャンルイジ・ブッフォンユベントス)を2、3試合に招集すると発言している。

 イタリアサッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」は、物議を呼んでいるベテランGK招集の賛否を問うアンケートを実施。出題から4時間ほどで1200を超える投票が集まり、そのうち85パーセントが「NO」と回答する事態になった。

 ブッフォンやMFダニエレ・デ・ロッシ(ローマ)といったベテランの再招集については、2006年ドイツW杯優勝メンバーで現在は広州恒大の監督を務めるファビオ・カンナバーロ氏が「いい加減にした方がいい」と厳しく批判。サッカー関係者から否定的な見解が相次いでいる。しかし、このタイミングベテランに頼ることにはファンの間でも賛同を得られていない模様だ。

 イタリアは3月にイングランドアルゼンチンロシアW杯で優勝候補に名を連ねる強豪と対戦する。両国にとっても本大会前の重要なタイミングマッチメークが実現する点では、60年ぶりにW杯出場を逃したといえど伝統の強豪国イタリアブランドは地に落ち切っているとは言えないだろう。

ドンナルンマら次代の経験の場を優先すべき!?

 ブッフォン自身は招集に応じる意向だと報じられているが、イタリアにはACミランのGKジャンルイジ・ドンナルンマや、ジェノアのGKマッティア・ペリンなど次世代を担うに足るGKは次々に現れている。

 2020年の欧州選手権に向けた予選を突破すること、本大会で復権を印象付けるだけの成績を残すことが向こう2年間の命題となるなかで、若手から貴重な経験の場を奪うような判断は国民の支持を得られていないようだ。

 もちろん、ブッフォン招集と試合に起用することは別問題だが、ディ・ビアッジョ暫定監督の判断にはすでに否定的な見解が渦巻いてしまっている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

揺れるイタリア代表、GKブッフォンの招集に否定的見解 ファンの85%が「NO」判定