トヨタが「GRスープラ レーシングコンセプト」を世界初公開。「スープラ」がレーシングカーコンセプトとして16年ぶりに復活しました。

往年の「スープラ」をイメージしながら製作

トヨタ2018年3月6日(火)、スイスで開催中の「ジュネーブ国際モーターショー」で、コンセプトカー「GRスープラ レーシングコンセプト」を世界初公開しました。

スープラ」は、国内では1986(昭和61)年に初代(A70型)が登場。1993(平成5)年には2代目(A80型)が登場し、2002(平成14)年まで生産されていたスポーツカーです。「2000GT」などと並び、トヨタフラッグシップスポーツとして長年親しまれてきました。今回公開された「GRスープラ レーシングコンセプト」は、「スープラ」を16年ぶりにレーシングカーとして蘇らせたコンセプトモデルです。

「GRスープラ レーシングコンセプト」はトヨタによると、TOYOTA GAZOO Racingが手掛けるスポーツカーシリーズ「GR」のスタディモデルとして、往年の「スープラ」をイメージしながら製作。「トヨタ世界最高峰のFun to Driveを提供する新たなスポーツカー」を目指して、欧州のモータースポーツ活動拠点であるトヨタモータースポーツ有限会社Toyota Motorsport GmbH)が開発を担当しました。主なポイントは次のとおり。

・「ロングノーズ&ショートデッキ」の伝統的スポーツカーのフォルム。
フロントエンジン・リヤドライブの2ドアクーペ。
・ボディには、レースの最前線で使われる軽量かつ高剛性なカーボン・コンポジット材などを採用。
・左右に大きく張り出したフェンダーや大型リヤウィング、リヤディフューザーなどは、優れた空力性能と走行性能とを狙って開発。
・サスペンション、ホイール、タイヤブレーキなどは、レース専用部品を装備。
インテリアも、後方確認モニターがついたダッシュボードやレーシングシートに加え、パドルシフト付きステアリングホイール、コラム、ペダル、ロールケージなど、各種レース用装備を採用。
・ボディサイズは全長4575mm、全幅2048mm、全高1230mm。ホイールベース2470mm。
・駆動方式はFR。
タイヤサイズは、フロントが30/68-18、リヤが31/71-18。

なお、「GRスープラ レーシングコンセプト」は、プレイステーションゲームソフトグランツーリスモSPORT』に、2018年4月のアップデートで、新モデルとして追加される予定です。

世界初公開された「GRスープラ レーシングコンセプト」(2018年3月6日、木下隆之撮影)。