3月2日AbemaTVで『エゴサーチTV』が放送された。
エゴサーチ”とはインターネット上で、自身の名前などを検索して自分自身の評価を確認する行為のこと。本番組は、“エゴサーチ”が得意なお笑いコンビキングコング西野MCを務め、毎週迎えるゲストと一緒に、ゲストに関する“エゴサーチ”をしながらインターネットで出てきた情報や噂などについて、か本当かジャッジし、訂正していく1時間のトークバラエティ番組。

この日は、お笑い芸人たむらけんじがゲストに登場。番組冒頭、MC西野は「仮想通貨がらみで、コインチェックの次にかれているこの人です」と笑いを誘い、たむらを呼び込んだ。

たむらは、「ほんまやで! なんでコインチェックばりにかれなあかんの?」とスタジオに登場。“たむらけんじは3500万円のけ「芸人仮想通貨事情」が明かされ視聴者衝撃”という記事についても、「これもホンマちゃうねん、アホやな~」と話し、「これもちゃんとは説明してるんだけど、3500万円のけじゃなくてと一緒だから売った間に“損得”なの。はまだ仮想通貨は仕込みの段階だから持ったままで、あくまでも含み益が3500万ですよ。その含み益は今日の時点でもう1000万円きってます」と、この記事に書いてある“3500万円のけ”について、真実明らかにした。

また、「なんの勉強もしてないやつが批判してくることが1番苦痛」と話すたむらは、自分が推している仮想通貨後輩芸人に奨めて、値段がつり上がったタイミングで売りぬいていると言われたことを挙げ、「その書き込みをした間に、投資もしたことないし、仕組みもわかってない、ただアホをさらけ出してる」とり、「仮想通貨の相場が動くって…何億いる思ってんねん。藤崎マーケットのトキがちょっとやったくらいでピクリともするか」と、笑いを誘った。

今回の件で様々な批判を受けたたむらは、「ありがたい話にさ、1個も悪いことしてないのに勝手に炎上して、東京仕事なんかなかったのに仮想通貨がらみの仕事がバンバン入ってくる。本当にね、炎上させてくれてありがとうございます」と深々と頭を下げ、「からしてみたらざまあみろやね」とった。



話題はたむらが手がける様々な事業に移り、西野が「いくつ事業やってるんですか?」と質問すると、たむらは「もうわからんようになってきた、でも全然残ってないで」と答え、ひと昔前に、自身が経営する焼き肉屋1店舗の年商が3億6千万だったことを明かし、西野を驚かせた。

しかし、「そのお金1円も残ってない、何に使ったかもわからない」と話すたむらは、「その時は自分で経営やってるつもりだったけど、“ごっこ”だった」とり、さらに西野を驚かせた。

そこから経営を勉強をしたたむらは、共に働く仲間も増え、現在焼き肉店、屋、最近はチーズケーキの販売なども行っている事を説明。新しい事業を始めるきっかけとして“面い”を軸に考えるたむらは「面ければお金はついてくる、仕事でもなんでも好きでないと続かない」と、独自の経営学をった。



番組の最後、“大阪市長選や参議院選挙に出か?”という記事を見た西野が単直入に「出るんですか?」と質問すると、たむらは「いや、もう出えへん」という意味深な返答が。その理由を聞くと、たむらは「1回出ようと思った」と続け、「震災の時に、何かできることをしたいと思ったけど、芸人として吉本興業タレントとして色々制約があった。それはもちろん仕方ないけれど、芸人であることで何もできないのであれば何か権を持ちたいと思って政治家になろうと思った」とその経緯をった。

さらに、たむら橋下徹氏に会いに行き、政界進出への思いを伝えたものの、橋下さんからは「この仕事って本当に地味で、たむらさんみたいなやかな世界にいる人がいきなり入ったらビックリする、なので1回地方の議員さんとか議とかを経験して、それでも政治家をやりたければはいくらでも協する」と言われたことを明かし、スタジオを驚かせた。

©AbemaTV

関連画像キャプション