俳優千葉雄大が10日都内で、自身の誕生日にあたる前日9日に発売され、すでに重版も決定している最新写真集『横顔』(ワニブックス刊)の発売記念握手会を開催。取材会を行い、地元・東北への思いも口にした。

【写真】千葉雄大写真集『横顔』発売記念握手会フォトギャラリー

 昨日中島健人やヒャダインから「誕生日おめでとうメール」をもらい、事務所の人たちとアットホームな食事会をしたという千葉。「でもサプライズとかはなかったですね」と話すと、今回の写真集の表を映したケーキがサプライズで登場。「おおっ。ありがとうございますリアクションが上手く取れなくてすみません」と地味リアクションになったことを謝りつつ、めて、大きく驚いて見せながら「でも本当にすごいです!」と感想を漏らした。

 ここ数年特に、表舞台での存在感を増している千葉だが、「こういう場でしかけないタイプなんです」と苦笑い。普段、歩く際にも周囲からの熱を感じることはないそうで、「さっきも、その辺をフラフラしてたんですけど、も気づいてくださらなくて。もうちょっとオーラを出したい」と意外な抱負をる場面も。

 一方、『横顔』に関しては、「自信作です」と断言。イベント写真撮影でも、カメラマンからは終始、「可愛いポーズで!」とが飛び、快く何度も笑顔で応じ、「いつまで言っていただけるのか。でも、められれば50歳を過ぎてもやりますよ!」と宣言していた。

 1万2000字におよぶインタビュー実家での親子対談などを収めた『横顔』は、千葉の地元である宮城県でも撮影した。明日東日本大震災から7年。千葉も「今回撮影した場所の中にも、地震のあとにできたところや被害があったところもありました。めて地元で撮影してみて、商店の人々の温かな雰囲気が東北はいいなと感じました。まだ大変な方もいらっしゃると思いますが、普通笑顔が戻るようになればいいなと思います」と思いを寄せていた。

写真集『横顔』発売記念握手会に登場した千葉雄大 クランクイン!