4日、友人たちとランチに出向いた女優シャロン・ストーンが、歩行中に突然転倒した事が報じられている。この日、シャロンは6インチ(約15センチ)のピンヒールを履いており、そのせいでバランスを崩してしまった様だ。大きく後ろに倒れ、ほぼ路上に横たわった状態になったシャロンは、かなり呆然としていた様子。しかし、友人たちに抱き起こされて事なきを得た後は、パパラッチ笑顔を向けて「大丈夫よ!」と親を立て、女優らしい余裕を見せた。幸い、その後の歩行に問題はなかった様だ。

【写真を見る】ピンヒールでバランスを崩した?起き上がった後は笑顔で対応

このところ、セレブの脚トラブルが立て続けに報じられている。先23日は、カナダでのスキー休暇から戻ってきたヴィクトリアベッカムが左足を折し、松葉づえをつく姿が撃された。「スキーによる折」と報じるメディアもあったが、デイヴィッド子供たちとのスノーボードにヴィクトリアが参加した様子は撃されていない。

ヴィクトリアは、自身のインスタグラムに「ちょっとした疲労折」と投稿していたが、それなら原因はハイヒールの履きすぎだろうと伝えられている。ハイヒールをこよなくするヴィクトリアは、長年外反趾に悩まされてきた。9年前の時点で「手術で治療するべきレベル」と医師から宣告されていたほどで、その頃から痛みを慢していたという。年を経て疲労折が起こったとしても、不思議はないだろう。

また、4日のアカデミー賞授賞式では、松葉づえ姿のジョディ・フォスターがプレゼンター役を務めて注を集めた。ジェニファー・ローレンスと共に演台に立ったジョディは、自分のけがをネタに、「(メリル・)ストリープに“アイ、トーニャ”されたのよ!」と、 ジョークを放った。映画アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル(17)は、フィギュアケーターがライバル選手を襲ってけがを負わせた“ナンシー・ケリガン襲撃事件”を描いた話題作で、アカデミーでも3部門でノミネートされていた。ジョディのスポークスマンによると、折の本当の原因は、スキーでの転倒事故だったとのことだ。(Movie Walker・UK在住/シャオ

シャロン・ストーンが道端で転倒?