TVシリーズウルトラマンジード」(2017年7月-12月テレビ東京系)の劇場映画作品「劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ! 願い!!」の初日舞台あいさつ3月10日に都内で行われ、濱田龍臣本仮屋ユイカ山本千尋長谷川優、小澤雄太潘めぐみ坂本浩一監督ウルトラマンジード ウルティメイトファイナルウルトラマンゼロ、ペガが登壇した。

【写真を見る】小澤雄太がサプライズで手紙を読むと濱田龍臣は涙を流す

上映後、客席を見渡した濱田は「皆さんキラキラ笑顔でうれしいです! ついに開が始まってしまったのは少し寂しいですが、たくさんの方々に楽しんでいただきたいです」とコメント

本仮屋は、印に残ったシーンについて「ドンシャインポーズがとても印に残っています。他のキャストのみんなやスタッフの方々が『ドンシャインはもっとキレが良くて動きが速いよ』などといろいろと教えてくれて、リク君との辺でのシーンは印的でした」と明かした。

また、山本は「今回とてもうれしかったのが、ずっとお会いしたかった有名なジャッキーちゃん様に会えたことです。ご本人にお会いしたときも『ずっとお会いしたかったんです!』とお話しさせていただいて、あそこアクションシーンは、私と坂本監督ジャッキーちゃん様がすごく楽しんでいたと思います」と振り返る。

坂本監督は、見どころを「ジードチームオーブチームが、がっつり組んでいるところです。本作を見て面いと思っていただければ、周りの方々にもぜひお薦めしてください!」とアピールした。

終盤、濱田へのサプライズで、ジードチームを代表してレイト(ウルトラマンゼロ)役の小澤濱田への手紙朗読朗読が始まった間から感極まった濱田は涙を流した。

手紙では「いろんなことに『負けてたまるか!』と挑戦していくのはヒーローそのもの。(中略)たちに夢と希望ありがとう。これからもたちのヒーローで居続けてください」と言葉を送られた濱田は、「ずるいですよね。もうすでに泣きそうだったのに、こんなお手紙をいただいたら本当に泣いちゃうじゃないですか。半年間一緒にやらせていただいて、みんなことが大好きです。それだけ自分を、朝倉リクを、そして作品を愛していただいて、憧れていたものにならせていただいて、本当にうれしかったです」と喜んだ。

最後に、濱田は「半年間、本編劇場版の撮影をしてきて、みんなで築き上げてきたものが、この劇場版には込められています。今日開を迎えてたちの手を離れ、皆さんの元に届くのは少し寂しいですが、みなさんがたちに対してを返してくれるので、それがこの仕事をしていて一番うれしいことです。濱田龍臣としても、朝倉リクとしても、憧れていたヒーローになることができて本当に楽しかったです。最後の最後まで突っ走っていきたいと思います! 『ウルトラマンジード』で拡散してください。本日はどうもありがとうございました!」と締めくくった。(ザテレビジョン

本仮屋ユイカ、濱田龍臣、小澤雄太、長谷川眞優らが舞台あいさつに登壇