映画スター・ウォーズシリーズルーク・スカイウォーカー役を務めるマーク・ハミルハリウッド殿堂入りを果たし、自身の名前が刻まれたプレートがあのハリウッド・ウォーク・オブ・フェイムに設置された。今8日に催された記念式典には、ハリソン・フォードジョージ・ルーカススター・ウォーズファミリーがお祝いに駆け付けた。


「自分の時よりも随分と人が多い」とドライな冗談を飛ばすフォードは重ねるように「ほんとに随分多い」と続けた。

そのフォードが「物静かで、実で、正直な人」と評するハミルだが、式典ではジョークを挟まずにはいられなかったようで、「言葉になりません」と言ったあと「こんなに何も言えないのは『フォースの覚醒』以来です」と同作品でセリフが全くなかった自分の役をネタにした。

ルーカスフォード、ハミル、そして故キャリー・フィッシャーで『スター・ウォーズ』のキャストを組んだのが1977年。それから40年以上が経過した。

式典には、ハミルフォードルーカスの3人をひと見ようと多くのファンが詰めかけた。というのも、この3人が顔を合わせるのは最近ではしいからだ。2012年ルーカスフィルムディズニー下となってからは、ルーカスがこのシリーズに関わることは稀になり、フォードが演じるハン・ソロ2015年開の『フォースの覚醒』で(以下ネタバレ注意!)死んでしまっている。

ミル現在2019年開予定で製作準備段階となったタイトル未定の『スター・ウォーズ/エピソード9』に関わっているが、昨年『最後のジェダイ』が開されてからは、彼の役どころが次回作で要な部分を占めることはないという見方が大半となっている。

■参照リンク
http://www.aol.com/

マーク・ハミルがハリウッド殿堂入り!ハリソン・フォードら豪華『スター・ウォーズ』ファミリーがお祝いに駆け付ける