今回は、さっぱりモテない女子の特徴と、その善方法について見ていきたいと思います。

これまでの取材の総集編的に4つの例示と、それに対する解説をしたいと思います。

さっそく見てきましょう!

1:女子トークが大好きな女子

なにかあればすぐ女子同士で集まって女子トークを咲かせている女子というのは、さほどモテないものです。

女子トークが悪いということではなく、おそらく多くの男子は、女子トークにある種の恐怖や退屈さを見ているのではないかと思います。

つまり、男子がおいそれと入っていけない場所、それが女子トークであり、男子にとってちっとも興味がないもの、それが男子から見た女子トークではないかと思います。

女子トークをする時間を1割、男子とおしゃべりする時間に当てるだけで、すごくモテるようになる……可性としては、こういうことが言えるのではないでしょうか。

2:要領がいいだけの女子

の顔色を伺いながら、ものすごく要領よく仕事をしている女子というのも、多くの男子にとって苦手な生き物かもしれません。

仕事って、要領よくやろうと思えば、男子より女子の方が圧倒的に要領よくやっちゃうものですよね。

女子の方が、精年齢が高かったり、物事の本質を掴むのがうまかったりするのでしょう。

そういうのを、あからさまに見せつけられたら、男子は「この子と付き合ったら、この子、おれに隠れて浮気しちゃうかもしれないしな」なんて案じてしまったりもするのでしょう。

要領がいいというのは、ある意味で非常に良いことですが、もっとどんくさくというか、人間臭いところを男子の前で見せてあげれば、モテるようになるのではないでしょうか。

3:自分のことが好きではない女子

モテない女子の典的な例として、自分のことが好きではないというのがあります。

この5年間、取材をしてきてものすごくたくさんの「自分に自信がない女子=モテない女子」を見てきました。

自分に自信がない女子って、じつはモテているのです。

あなたの周りにあなたのことが好きな男子って何人もいるのです。

ただ、自分に自信がないがゆえに、自分のことにしかが行っていないので、周囲が見えていない、だからあなたに気を寄せている男子が視界に入ってこない……

こういうことが言えるのではないでしょうか。

4:時計カバン・靴がな女子

時計カバンと靴がゴージャスな女子も、さっぱりモテないかもしれません。

持ちの彼氏にそういうものを買ってもらっている女子の場合、その女子はモテているわけです。

モテているから、持ちの彼氏にいろんなものを買ってもらえているわけですよね?

でも違う方向からその女子を見たとき、こういう女子はあまりモテません。

「高嶺のすぎてちょっとをかけづらいな」と男子に軽くドン引きされたり、

「ヤバそうな男と付き合っているのではないか」と警されたり、あまりロクなことがないというのが一般的な見解ではないでしょうか。

いかがでしたか?

男子にモテる女子は、男子にも理解できる「実さ」を持っているものです。

女らしいとか、かわいいとか、性的魅に溢れているとか、もちろん男子って女子のそういうところに惹かれるわけですが、

いざ付き合うとなった場合、男子は、「その女子にどこまで実さがあるのか」を見ています。

日ごろから、実さのある言動を心がけていれば、とくに若いうちは3人も4人もの男子が「付き合ってください」と言い寄ってくることでしょう。

そうなれば、毎日がとても楽しくなりますよね!(ひとみしょう/ライター

カツ編集部)

iStock-637756712 (1)