中国の携帯電話スマホバッテリーが爆発したり炎上したりするのは、日常茶飯事。つい先日も、家電量販店スマホ用のバッテリーを交換しようとした男性が、それがニセモノかどうか確認しようと歯でかんだところ、いきなりバッテリーが爆発・炎上したという事件をお伝えしたばかりだ(参考記事)。

 量販店内という比較的広い場所で起こった小さな爆発ということで、幸いにも男性のほかにケガ人は出なかった模様だが、今度はこれが狭い密室内で発生した。それは、旅客機の機内だった。

 先月25日、中国広東省の空港で、上海へ向かう旅客機の搭乗案内中、座席上の荷物収納ボックスに入っていたバッグがいきなり炎上した。

 その火は、たき火並みの勢いで燃え盛る。慌てた乗客たちが騒ぎだす中、一人のCAが冷静に収納ボックスに近づき、手にしていたペットボトルの水を、燃えているバッグに勢いよく浴びせかけた。

 それでも火が消えないと見ると、今度はボトルごと火に投げつけたところ、一気に鎮火。近くにいた背の高い外国人の乗客が、火を確実に消すため、そのCAからオレンジジュースペットボトルを受け取り、さらに上から注いだ。

 駆けつけた消防隊が火事の原因を調べたところ、燃えたバッグの中にスマホ用のモバイルバッテリーが入っており、これが発火したことが判明。このバッグの持ち主である乗客は、空港で警察から事情聴取を受けたという。

 スマホなどの電子機器類に使用するリチウムイオン電池などの予備バッテリーは、日本でも預ける荷物の中に入れずに、安全のため機内へ持ち込むことが義務付けられているが、それが実際に燃えだしたという事件はまだ起こっていない。

 火事が発生したのが搭乗の最中で、まだ機内に乗客がそれほど多くなかったからよかったが、これが飛行中に起こっていたら、機内は大パニックに陥ったことが予想される。

 ところで、この時に撮影された映像を見た中国のネット民たちは、このCAの勇敢さをたたえるどころか、疑問や非難の声を浴びせている。

飛行機には消火器があちこちに配置されているはず。それなのに、なぜペットボトルの水?」

「燃えているリチウムイオン電池には消火器を使うのが絶対。水をかけたら、かえって危険で、爆発する恐れもある。乗客の安全を守るCAのくせに、あまりにも無知」

「置いてあった消火器は誰かに盗まれて、見つからなかったんじゃないのか?」

 いずれにせよ、危険なパチもんのモバイルバッテリーを持って、飛行機には乗らないようにしてもらいたいものである。
(文=佐久間賢三)