90ヶ所以上の蔵がしのぎを削る、全有数のどころ、新潟。中でも最大のお祭りは、毎年3月に開催される『新潟端麗 にいがた』だ。

今年は9日(土)・10日(日)の10時18時まで、新潟市朱鷺メッセで開催されている。90蔵以上のを好きなだけ試飲することができる、お酒好きにはたまらないイベントなのだが、しらべぇ取材班が現地で気づいたオススメポイントを紹介しよう。

(1)全国13万人が集まる酒イベント

なぜ天国すぎるのか、ひとつめのポイントはその規模である。蔵の数は90蔵以上、名だたる蔵元も数多い。

が集まるところ、人が集まり、さらに美と美食が集まる。昨年の入場者数は2日間で13万人をえたというが、とはいえ試飲はそれほど並ぶことはないので、まずは安心してほしい。

新潟駅(©ニュースサイトしらべぇ)

新潟駅から朱鷺メッセへは、「バス」「タクシー」「徒歩」3つの行き方がある。

新潟駅(©ニュースサイトしらべぇ)

バスの待機列は長いように見えるが、5〜10分間隔で運転されており、いちばんスムーズだ。バスタクシーが待ちそうな場合は、20分ほどかかるが信濃川沿いをお散歩して向かうのも気持ちいい

入場は無料だが、試飲を楽しむためには、定のお口が必要。前売り券がない場合は、当日券(2,500円)でも購入できる。

(2)試飲と蔵の方との交流が最高

にいがた酒の陣(©ニュースサイトしらべぇ)

会場に入ると、ご覧の賑わいぶりに驚く人もいるだろう。だが、安心してほしい。会場は広く、蔵の数も多いからだ。

自分が試飲したら、さっと前を譲ってくれるマナーのいい日本酒ファンが多いので、ほとんど待たずにたくさんのお酒を楽しめるはず。

にいがた酒の陣(©ニュースサイトしらべぇ)

年に一度のイベントということで、どの蔵も「でしか飲めない、とっておきの」を用意している。積極的に「今日しか飲めないお酒はどれですか?」と聞いてみよう。

にいがた酒の陣(©ニュースサイトしらべぇ)

そのお酒へのこだわりや美味しさのポイント、蔵の個性など、丁寧に説明してくれる。ただ飲んで酔っ払うだけでなく、造り手と直接触れ合えることこそが、こうした場の醍醐味と言えるだろう。

にいがた酒の陣(©ニュースサイトしらべぇ)

気に入ったお酒は、購入することもできる。これにも「限定」のレアお酒があるため、要チェックだ。

にいがた酒の陣(©ニュースサイトしらべぇ)

(3)新潟フードも超充実

にいがた酒の陣(©ニュースサイトしらべぇ)

日本海の恵みに加えて、村上や越後もち、さらには山菜など美味の宝庫である新潟県フードコーナーには、新潟名物の食べ物屋さんが数多く出店している。

にいがた酒の陣(©ニュースサイトしらべぇ)

お酒だけ飲んでいると、酔うのもいので、適宜つまみを入れながら楽しもう。もちろんどの肴も、日本酒に合うこと間違いなし。なおフードブースは、試飲よりはやや行列ができている。

にいがた酒の陣(©ニュースサイトしらべぇ)

(4)日本酒ファンの幅広さを実感できる

今や、世界中にファンを拡げつつある日本酒海外の栄えある賞を受賞している蔵元も、増えている。会場には、新潟県内をはじめ、東京からの観光客や、外国人の姿も。

にいがた酒の陣(©ニュースサイトしらべぇ)

写真の2人は新発田在住で、米国生まれ(左)とニュージーランド生まれ(右)。には昨年から訪れており、取材班の質問に対して、

ビールより、ワインより、今は日本酒がずっと好き!」

「去年は慣れなかった味だけど、SAKEが大好きになった。サイコー!」

と答えてくれた。蔵のたゆまぬ努によってファン層が拡がっている様子は、ちょっと嬉しくなるかもしれない。

東京から日帰りもじゅうぶん可なので、ぜひ週末のお出かけに検討してみよう。

しらべぇ編集部がこれまで配信した「新潟県の酒蔵取材記事」はこちらから

・合わせて読みたい→名杜氏の薫陶を得て蔵元杜氏デビューの『宝山』 業種を超え仲間を巻き込み日本酒を楽しむ

(取材・文/しらべぇ編集部・タカハシマコト

明日まで開催! 『にいがた酒の陣』が酒飲みにとって天国すぎる4つの理由