AKB48の入山杏奈が、メキシコテレビドラマシリーズ「LIKE」に出演することが発表となった。

【大きな画像をもっと見る】

これは、本日3月10日に国内の10会場、国外の3会場で行われた「AKB48グループ センター試験」でサプライズ発表されたもの。「LIKE」は、メキシコで放送され世界各国で人気を博したドラマレベルデ」に次ぐドラマシリーズで、同作にAKB48グループメンバー日本人キャストとして参加することが事前にアナウンスされていた。

入山は4月上旬にメキシコに渡り、4月中旬より彼女が出演するエピソードの撮影に参加する。放送スタート2018年8月または9月の予定で、2年間のオンエアが決まっている。このチャレンジに、入山は自身のTwitterで「4月からメキシコに留学することになります。突然の発表で驚かせてすみません。わたし自身びっくりだけど楽しみでわくわくしてます! 人生をかけて頑張るので、温かい目で見守ってくださると嬉しいです」と思いを語っている。

本日行われた「AKB48グループ センター試験」では、一般受験者とともに各グループメンバー350人も受験した。メンバーの試験の結果は3月15日(木)にSHOWROOMにて上位100人が発表となり、うち上位16人が「AKB48グループセンター試験特別選抜」として楽曲をリリースできる。

入山杏奈(AKB48) コメント

ただいま発表されたとおり、メキシコドラマ「LIKE」の日本人キャストとして出演することが決定しました。私自身すごくすごく驚いています。8年前に何となくで受けたオーディションで、この世界に飛び込んでからこれまで沢山の人に支えられて活動してきて、今日も気が付いたらこの場に立っていて……。そんな私が自分で初めてした大きな決断です。本当にこんな華やかな世界で自分が「もっと上に行きたい」とか、「いろんな世界を見てみたい」って思っていることが信じられなくて不思議ですが、大きくなって成長して帰ってきたいと思います。ビッグになれるように頑張りたいと思いますので、温かい目で見守っていただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

入山杏奈(c)AKS