アイドル俳優のような、イケメン男性と付き合うのはちょっとした憧れ。

「あんな人と付き合えたら、きっと毎日楽しいだろうな~」と思うこともあるはず。

でも彼らのハートを射止めるためには、普通の人とはちょっぴり違うアプローチをしなければなりません。

そこで今回は「イケメン男性が『彼女にしたい』と思う女性の特徴」についてご紹介します。

1、 内面が磨かれている

・「は昔から周りに『カッコいいね』と言われてきた。でもそれは親のお陰なだけで、自分のではないんですよね。いつも『○○君はすごいね~!』と言われている子が羨ましかったです」(28歳/男性自動車関係)

・「ルックスがイマイチ男性ほど、出世すると美女を連れて歩きたがる傾向にある気がする。イケメン男子のほうが、意外と冷静に女子の内面を見ていますよ」(25歳/女性/販売)

イケメン男子カッコいいからこそ、逆にルックスにコンプレックスを抱いている場合が。

「いつも褒められるのは見ただけ」と、自信を喪失していることが多いのです。もちろん羨ましい悩みではあるのですが、彼らからすると長年苦しめられてきた事実でもあります。

そのためイケメン男性は外見よりも、女性の内面を重視する傾向にあるようです。

彼らを振り向かせたいのであれば、理に着飾る必要はありません。最低限のおしゃれをしつつ、自分が誇れるライフスタイル確立するようにしましょう。

2、にでも

・「中・高は『イケメン!』と周りからチヤホヤされまくってきた。でもそんな環境の中でも、いつも気になるのはを特別扱いしてこない女子でした」(30歳/男性建築

カッコいいからと言って特別扱いしてくる女子は、裏を返せばほんの細なことで離れてしまう危険性があります。

イケメン男性もそのことをわかっているからこそ、チヤホヤしてくる彼女たちのことを「信用できない」と思ってしまうのかも。

また男性のほうが「されるよりも、好きな人を愛したい」という感情が大きいもの。そのためにでも等な女性のほうが、対等な関係を気付けると考えているのかもしれません。

3、 カッコ悪さをさらけ出せる

・「見たとは対照的に、割と落ち込みやすいタイプ。なので少し弱音を吐くだけで『せっかくイケメンに生まれてきたのにそんなこと言わないでよ~(笑)』と、意味のわからない励ましをされてきました。でもいまの彼女カッコ悪いところもきちんと受け止めてくれます。こういう女性と出会えてよかったって心から思いますね」(32歳/男性/営業)

男性は自分の弱さをさらけ出すのが苦手な生き物。ましてや幼少期から「カッコいい」が当たり前だった男性からすると、異性に弱さを見せるのは余計ハードルが高いかもしれません。

そんなときに自分のカッコ悪さを受け止めてくれる女性が現れたら、「この子彼女にしたい」と思うのは当然かも。ルックス関係なしに、良きパートナーとして歩んで行けそうです。

おわりに

イケメン男性こそ、顔より内面が大切だということに気が付いているのかも。

彼にアプローチをする際には、ただ褒めるだけじゃなく、自分の誇れる部分も一緒に伝えられると良いかもしれませんね。(和/ライター

カツ編集部)

iStock-915288778 (1)