徳島DF内田、CKからサインプレーで左足快弾を決めてチームも今季初勝利

 シーズン序盤にして“年間ベストゴール級”のスーパーゴールが生まれた。徳島ヴォルティスが10日のJ2第3節、敵地大宮アルディージャ戦に臨み、虎の子の1点を守り切って1-0と今季初勝利。歓喜を呼び込んだのは、22歳の“半端ないボレー”だった。DAZN公式ツイッターゴール動画開すると、「すげぇ!」と感嘆のが上がっている。

 開幕2連敗の徳島は、2月28日名古屋グランパスから加入したばかりのMF杉本士をくもベンチ入りさせ、前線にはFW屋八徳とFW呉屋を配置。前半11分にはMF 杉本太郎のパスからMF岩尾が抜け出してシュートを放つも、これは大宮GK笠原昂史のビッグセーブで阻まれる。

 その後は一進一退の攻防が続いたが、後半7分にスコア動いた。右CKを得た徳島は、岩尾がキッカーを担当。サインプレーゴール手前から後方のペナルティアーク付近にボールを供給すると、そこに走り込んだDF内田裕斗が左足ダイレクトでミートする。大宮側はなす術がなく、強な一撃がゴール左上に突き刺さった。

 これが決勝点となり徳島が今季初勝利を手にしたが、DAZN公式ツイッターではゴール動画投稿し、「半端ないスーパーゴールが飛び出した! 徳島内田裕斗がCKをダイレクトボレーで突き刺すゴラッソ!!」と伝えている。第3節で生まれた“年間ベストゴール級”の一撃に、ファンも「すげぇ!」と驚きを隠せない様子だった。

Football ZONE web編集部)

徳島DF内田、CKからサインプレーで左足豪快弾を決めてチームも今季初勝利(写真はイメージ)【写真:Getty Images】