は左ウイングとして87分間プレーカウンターからC・ロナウドに被弾

 日本代表FW乾貴士の所属するエイバルは10日に本拠地でレアル・マドリードと対戦し、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに2得点を決められて1-2で敗れた。過去7度の対戦で1分6敗と圧倒されていた相手にりを見せたが、最終的に負け。先発出場のは左ウイングとして87分間プレーした。

 ホームエイバルキックオフ直後から果敢に攻め込み、開始1分足らずで相手のペナルティエリアに侵入。は右からのクロスゴール前で空振りしたが、序盤は決定的なチャンスを作ってレアルを圧倒した。

 エイバルハイテンポサッカーに苦しむレアルは接触プレーフランス代表DFラファエルヴァランが頭部を負傷。前半27分でDFナチョ・フェルナンデスと途中交代するアクシデントにも見舞われた。

 しかし、欧州王者は一の隙を見逃さなかった。同33分、クロアチア代表MFルカ・モドリッチが相手DFのパスをインターセプトしたところから必殺のカウンターが炸裂。ピッチ中央から右足アウトサイドキックのパスでエイバル守備を切り裂き、パスを受けたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが胸トラップからのシュートゴールネットを揺らした。

1-1で迎えた後半39分にきを放ったのは…

 1点ビハインドで後半を迎えたエイバルだったが、立ち上がりの5分に左サイドのCKからMFペドロ・レオンキックをDFイバン・ラミスが強なヘディンシュートゴール。得意のセットプレーで試合を振り出しに戻した。

 次の1点が試合を決めるという展開のなかでいたのは、レアルエースFWロナウドだった。同39分、右サイドスペイン代表DFダニ・カルバハルクロスボールに頭で合わせてこの日2点ゲットロナウドリーグ戦で出場3試合連続2得点を決め、得点を「18」に伸ばした。レアルはこれで2連勝を飾った一方、エイバルは善戦するも3試合ぶりのを喫した。

 エイバルは左サイドプレーし、後半42分までプレー。試合開始々のチャンスや後半31分のヘディングなど決定機を逃して得点には絡めなかった。その一方で、前線からのプレスや自ペナルティエリアまで戻ってピンチを摘むシーンなど守備では奮闘した。

Football ZONE web編集部)

乾は左ウイングとして87分間プレー、カウンターからC・ロナウドに被弾【写真:Getty Images】