ブンデスリーガ第26節が10日に行われ、DF酒井高徳とFW伊藤達哉が所属するハンブルガーSV(HSV)はアウェイバイエルンと対戦した。酒井は7試合連続の先発出場、伊藤メンバー外となった。

 試合は開始8分にバイエルンが先制に成功する。ロベルト・レヴァンドフスキスルーパスにアリエン・ロッベンが反応するが、これは酒井が体をってカット。しかし、逆サイドに流れたこぼれ球をフランク・リベリーが拾い、エリア内でGKもかわして先制点を奪った。

 さらに12分には、右サイドのジョシュア・キミッヒのクロスから、中央のレヴァンドフスキがヘディンシュート叩き込んで追加点。19分にもレヴァンドフスキがダヴィド・アラバの折り返しを右足で流し込み、リードを3点に広げた。

 後半に入って55分、バイエルンコランタン・トリソからパスを受けたロッベンエリア内中央から左足シュートを決めて4点。81分には左サイドリベリーがドリブルでエリア内に切り込み、右足シュートを沈めて5点を奪った

 85分にはチアゴアルカンタラが相手エリア内でキリアコスパパプーロスに倒されてPKを獲得したが、キッカーのレヴァンドフスキクロスバー上に外してしまう。それでも89分に再びPKを獲得すると、レヴァンドフスキが今度はきっちりゴール右隅に決めてハットトリックを達成した。

 試合はこのまま終了し、バイエルンが6-0の圧勝で2連勝。HSVは13試合未勝利となった。なお、酒井フル出場した。

スコア
バイエルン 6-0 ハンブルガーSV

【得点者】
1-0 8分 フランク・リベリーバイエルン
2-0 12分 ロベルト・レヴァンドフスキバイエルン
3-0 19分 ロベルト・レヴァンドフスキバイエルン
4-0 55分 アリエン・ロッベンバイエルン
5-0 81分 フランク・リベリーバイエルン
6-0 90分 ロベルト・レヴァンドフスキバイエルン

バイエルンが6ゴール圧勝 [写真]=Anadolu Agency/Getty Images