小川今日子(吉岡里帆)と向井理)の奇妙な間柄と、吉崎幸次郎(桐谷健太)の三角関係が話題のドラマ『きみが心に棲みついた』(TBS系)。
名の言いなりな今日子(通称キョドコ)は、大学時代に強制ストリップや、下着姿でランウェイを歩いたこともありました。もちろんここまで男性に従う女性はいないと願いたいですが、それでも「好きな人につい依存してしまう」という人もいるのではないでしょうか。そこで今回は「彼に依存しがちな女性とその対処法」について、『きみ棲み』を例にとりご紹介します。


1.「自分には彼しかいない」と思い込みすぎている

オドオドと挙動不審なことから、「キョドコ」のあだ名がついた今日子。キョドコは普段から「こんな私」「どうせ私なんか」と、自己評価がかなり低め。そのため大学時代の先輩名に優しくされたことをきっかけに、彼に依存するようになってしまいました。「こんな私を受け入れてくれるのは名さんしかいない」と思い、名の言うことであれば何でも聞いてしまうのです。
このような場合は、自分に自信を持つことが大切。たとえば恋愛ではうまくいかないことが多くても、キョドコは職場では頼りにされている一面もあります。「どうせ私なんか」と思うのではなく、「私にも必要とされている場所がある」と思うことで、彼氏や元カレへの依存を断ち切ることができるかもしれません。


2.相手を信用しすぎている

先ほど述べたように、名の言うことなら何でも聞いてしまうキョドコ。大学時代にやった強制ストリップも、名が「キョドコが脱いだらほかの女を全員切る(別れる)」と言い出したことがきっかけでした。普通に考えれば、そんなに人前で辱められる意味がわからないし、そんなことをさせる人が、約束を守ってくれないことは想像つきますよね。でも彼に依存しすぎていると、「おかしい」という感覚すら鈍ってしまうのです。
自分の意にそぐわないお願いをされたときに、「好きな人のためだから」とすぐに返事をするのはダメ。最低でも一晩寝かせてから、どうするのが正解なのか考えるべきでしょう。もしそれで「く決めろよ」と怒り出すような男性なら、あなたのことを大切に扱っていない拠です。


3.周囲に相談をしない

名との共通の知り合いはたくさんいるのに、彼との関係をにしないキョドコ。そのためどんどん名の良いように利用されるし、「また裏切られた……」と自分の心は壊れてしまいます。キョドコの周りには優しい先輩堀田瀬戸香)や、キョドコを心配してくれる吉崎など、意外と人脈に恵まれています。
彼に依存していると周囲が見えなくなりがち。でも冷静になってみると、自分を心配してくれている人って案外身近にいたりするものです。
「私と彼のことだから」と抱え込むのではなく、一度信頼できる相手に相談してみましょう。自分では気づけなかった問題が見つかるかもしれません。


おわりに

彼に依存すればするほど、対等なからは遠ざかってしまいます。自分のこともどんどん嫌いになってしまうでしょう。これからキョドコが幸せになれるのかも気になるところですが、現実社会でもキョドコのように彼に依存してしまう女性が少しでも減ることを祈っています。(和/ライター
(ハウコレ編集部)

『きみ棲み』キョドコ予備軍?彼に依存しがちな女性とその対処法