リーガ・エスパニョーラ28節が10日に行われ、MF柴崎岳が所属するヘタフェはホームでレバンテと対戦した。柴崎は3試合連続でベンスタートとなった。

 先に導権を握ったのはホームの11位ヘタフェ。11分、ホルヘ・モリーナがアンヘルロドリゲスとのリズム良いパス交換から、エリア内で右足シュートを放つが、これは右ポスト直撃。17分にはカウンターでA・ロドリゲスが抜け出すが、シュートはわずかにの右へ外れた。

 一方、パコロペス監督の初となった17位レバンテは39分、イビがエリア手前左から右足で狙うが、を捉えられない。前半アディショナルタイム2分にはヘタフェがチャンスを迎えたが、モリーナのヘディンシュートGKにキャッチされ、そのままスコアレスで折り返す。

 後半に入ってヘタフェは56分、モリーナがA・ロドリゲススルーパスでエリア内左に抜け出したが、シュートGKブロックに阻まれる。さらに跳ね返ったボールフリーのA・ロドリゲスが頭で合わせるが、これもクロスバー上に外れ、先制のチャンスを活かせなかった。

 レバンテは76分、左CKのショートコーナーでイビのクロスロジェール・マルティが頭で合わせたが、これはクロスバーに嫌われる。それでも直後の79分、再び獲得したCKでイビのボールフリーコケがヘディングで叩き込み、レバンテが先制に成功した。

 リードを許したヘタフェは88分にファイサルファジルを下げて柴崎を送り出す。だが、試合はこのままタイムアップを迎え、0-1で敗れたヘタフェは昨年10月以来、約5カぶりにホームで敗戦。一方、新監督の初を制したレバンテは、16試合ぶりのとなった。

 ヘタフェは次節、17日にアウェイレアル・ソシエダと対戦。レバンテは16日にMF乾貴士が所属するエイバルホームに迎える。

スコア
ヘタフェ 0-1 レバンテ

【得点者】
0-1 79分 コケ(レバンテ)

ヘタフェがホームで約5カ月ぶりに敗戦 [写真]=Getty Images