NPBと12球団が「プロ野球くじ」の導入を検討。ければ2019年から実施へーー。2月下旬、一斉にそんな報道が流れた。

「最初は一般のスクープ。現場は“追っかけ記事”の取材でてんてこ舞いでした。もし決まれば1千億円以上の収益が見込まれる巨大事業です」(スポーツデスク

ただ、取材を進めたNPB担当記者に言わせると、実情はそれほど盛り上がっていないのだという。

「まず開始時期。現実的には来年はとても間に合わず、やるとしても東京五輪後が有です。そして、くじのルール微妙サッカーくじでいえば『toto』のように購入者が勝敗を予想するのではなく、『BIG』のような非予想式、つまりコンピューターランダムに決めたものを買う方式が濃厚なんです」

要するに、野球ネタにした単なる宝くじだ。しかも、BIGJリーグの試合を見ながら当たり外れに一喜一憂する楽しみがあるが「プロ野球くじ」はそれすらなさそうだという。

「某球団幹部の話によると、結果が出るまで自分の買ったくじがどの勝敗にベットされているかわからない方式が検討されているようです。その日の全試合が終了した後に『当たりはこの番号でした』ということが発表されるという…」(NPB担当記者

プロ野球ファンにとってはあまりにもドッチラケなルール。なぜ、そこまで球界側はが引けているのか? スポーツデスクが言う。

プロ野球側としても、もちろんくじの収益は欲しい。でも、それ以上にトラブルの種をつくりたくないんです。勝敗の予想が絡めば、そこには八百長防止という重い課題がのしかかる。わずか2年半前に野球賭博問題で球界に震が走ったこともあり、本音ではくじの実現にすら消極的、ましてや野球の勝敗で射幸心をあおる形は絶対に反対というのが基本的な立場ですよ」

実際、2015年スポーツ議員連盟から野球くじの創設を提案された際にプロ野球側は反対している。

「今回は議連からあらためて要請があったため、NPB側がしぶしぶ議題にのせたというのが実情。具体的な時期や方式の決定、そして収益がスポーツのどこにどう割り振られるのかなど、まだまだ難題山積です」(デスク

残念ながら、どう転んでもファンにとって面いものにはなりそうもない。

写真共同通信社

単なる宝くじに近い「プロ野球くじ」の中身…課題山積で実現は東京五輪後?