都電荒川線で、東京都交通局東京都大学(総合研究所/環境学部)による官学連携 化実実験が始まった。

実験は、大塚駅停留場付近、荒川庫前停留場付近、町屋停留場の3か所で実施。実験2020年までの2年間。

化の規模は3か所合計430メートル。軌化に用いる品種はセダム属(タイゴメキリンソウアルブム、ツルマンネングサなど)。

今回は、日照環境の悪い区間や停留場などさまざまな環境下での生育状況、軌化の維持管理方法、軌化による環境面での効果や影、軌保守点検時の作業性などを考慮した設置方法や材料などを検討していく。