「おい、あんちゃん。そこの弁当食っちゃえ」

 1995年ビートたけしの元へ子入りを直訴し、何とかたけし軍団に潜り込みダンカンさんの付き人を2年程務めた後、やっと殿の付き人になったわたくしが、初めて「あんちゃん」と呼ばれたのがこの言葉であり、あの日のことは忘れられません。

 で、これは何も子であるわたくしだけが感じる喜びではなく、全ての芸人が思う、ある意味、“ビートたけしあるある”なのです。収録やライブなどで、他事務所芸人さんと一緒になり、わたくしたけし軍団と知ると、“以前どこどこの現場で、殿から「あんちゃん」と呼ばれたことがあり、それがうれしかった!”的な思い出を芸人が本当に多いのです。

 で、殿から「あんちゃん」と呼ばれれば、次は名前でしっかりと呼ばれることが子の夢であり、その呼び方には、殿の中でしっかりと決まった流儀があります。

 例えば、グレート義太夫さんは「義太夫」。ラッシャー板前さんは「ラッシャー」。水道橋博士さんは「」。玉袋筋太郎さんは「玉」。そして、さんだけはなぜか「憂くん」と、くん付けだったりします。

 で、たけし軍団は、この、殿が命名するおかしな芸名のおかげで、エピソードに事欠きません。

 以前、シェパード太郎という芸名の子が、殿の付き人に付いていた時のこと。その日、殿仕事で訪れた収録スタジオには、某タレントさんが、自身で飼っている本物のシェパードを連れてきていて、スタジオ内をがウロウロしていたことがありました。

 で、収録を終えた殿で帰ろうした際、スタッフ一同が玄関まで見送りに出ると、殿に同乗する予定であったシェパード太郎が見当たらず、殿が、

「あれ、シェパードがいね~な」

 とポツリ。すると、その発言にスタッフさんたちが“スタジオで見かけたあのは、たけしさんのだったのか!”と勘違いされ、「たけしさんのがいません!」と、大を上げて探しだしたのです。そして、探すこと3分。その間、トイレかどこかに行っていたシェパード太郎が「すいません!」と駆け足で登場。殿はさらりと、

シェパード、どこいってたんだよ。ダメじゃねーか」

 と軽く叱ると、に同乗し、去っていったのでした。この時、を探し回っていたスタッフさんのポカンとした顔がやたらおかしく、後日、殿に報告すると、

「何だ、シェパードを本当のと勘違いしてたのか? ふふふ。くだらねーな」

 と、一度軽く笑うと、

「よし、せっかくだから、ちょっとあいつの芸名を変えよう」

 と、何がせっかくなのか、まったくわからない名を宣言。ちょうどその時、焼き肉屋でユッケがしばらく食べられないといったニュースを小に挟んだ殿は、実にあっさり、

「あいつ、ユッケ太郎でいいか」

 と、命名したのでした。

ビートたけし責任編集長を務める有料ネットマガジンお笑いKGB」好評配信中!

http://www.owarai-kgb.jp/

プロフィール アル北郷(ある・きたごう) 95年、ビートたけし子入り。08年、「アキレスと亀」にて「東スポ映画大賞新人賞」受賞。現在TBS系「新・情報7daysニュースキャスターブレーンなど多方面で活躍中。本連載の単行本「たけし言集~あるいは資料として現代北野武語録」も絶賛発売中!

アサ芸プラス